ダイヤ


とても小さな石なので、シクラメンの花びらに載せてみました。

カットを多く施されたルース(裸石)の様に写っていますが、これは水晶の理想型である両頭であり
しかも、なぜか母岩との接触面がありません。
つまり、完全な結晶体です。
ですから、光が幾重にも反射屈折して、あたかもダイヤをカットした様に見えるのでしょう。

自然のなす事に、いちいち不思議だと言っていても、仕方ないのでしょうが、
それでもやっぱり、どうやって成長したのか不思議です。
そして、完璧です。
★★★★山梨県乙女鉱山 産