ガラスの様な


変形の両頭で、どの角度からでも透けて見える。
ただ、理想型からは程遠いために損をしている。
母岩には、右下でのわずかな部分でくっついていた様だ。

これは下の錐面が本と接しているが
上にも大きな錐面があり、この二つの錐面のために、
横から眺めると平行四辺形の石に見えるのが面白い。
両頭自体は、時々あるものだが、ここまで全面がクリアなのは、割と珍しい。

★★山梨県水晶峠産