どこをやるか?



ポイントに足を踏み入れてまず悩むのは、場所を決める事だろう。
初めて入る場所で、情報提供者も現役で入っている時には、
その人の続きをやることを遠慮するといった配慮も大切になる。

以前訪れた事のあるポイントでも、来てみると様子がまるで変わっている事は、よくある。
そんな時も、やっぱり悩む。自分の以前の経験は参考にならないからだ。
人の続きは楽ではあるが、止めてあるというのは、出なくなって打ち切ったか、時間切れだったのかのどちらかで
出ていた場所は、埋め戻されている場合も多い。
かと言って、新地も時間と体力を余計に使うので、思い切りが必要になる。
見ていると、体力のあるベテランは、今日の運勢を占うかのごとく、新地を厭わない。
私などは無駄に動きたくなくて、どうしても続きや隣をコソコソしてしまう。

写真の様な所だと、手前は終了の感があり、上か脇となるだろう。
しかし、これがなかなか厄介なのは、雰囲気から察せられる。