秋の山



とても歩きやすい森である。
ここは個人的には、中央道と呼んでいる沢で、広く緩やかな傾斜地である。
最初は単に、森の中にあって広い道の様だと思っていただけであったが、
最近では、かなり不自然ではないかと思う様になっている。
どうして、道のように樹木が生えていないのだろうか?
獣道は、動物が頻繁に行き来するから、幼木が踏まれる為に樹木が生えないのは分かる。
でもここは、かなり道幅(沢幅)が広い。
水が出るとも考え難い。
・・・

いや、推測などは必要ない。
誰もいない静かな森を、ただ歩けばそれで良い。