女神晶洞2



女神晶洞をさらう前の様子である。
ペグマタイトが地表に現れて、ここまで風化するにはどのくらいの時間が掛かるものか、私には分からぬが
口が開くまでは遠くからは目に付き難いために、気軽には登れない斜度のハゲだった事から
長く見落とされていたのだろう。そして、数年はこの地を訪れた人がいなかったのに違いない。
中には、舞い込んだ落ち葉も見えるが、右上から下に向って生えている水晶が気持ちを高める。

中身はかなり多かったが、水晶も長石も照りのない晶癖であったために、美品は無かった。
このハゲには他にも晶洞が開いたのだが、そこも同じ晶癖であり、
その後はあまり足を向けたい気持ちが起こらないでいる。