機関誌 『わだつみのこえ』 129号        〜「学徒出陣」65周年記念 8・15集会の記録〜

機関誌『わだつみのこえ』 第129号表紙写真

    機関誌『わだつみのこえ』 第129号
            2008年11月15日発行 
      ★頒価1,000円、送料200円
             お申し込みは事務局まで

  機関誌 128号案内 
  バックナンバー案内 
  戻る                     





   

    わだつみのこえ    No.129     目  次

      
巻頭言 「学徒出陣」65周年に当たって ……………………… 一瀬 智司

体験を手がかりに世代を超えて歴史を織りあげる
  ―戦争体験と戦後運動体験の伝・継承―………………………高橋 武智

2008年 8・15集会 講演と映像ドキュメント・戦没学生遺稿展記録 講演 戦争への道を許すまじ―中国戦と沖縄戦を語る…………近藤 一  *アンケート 講演を聴いて …………………………………………………  戦没学生遺稿展を観て ………………………………………
小特集 「学徒出陣」から65年  永田和生の遺稿を『戦没学生の手記へ』     ―母せい、学友竹田恒男の努力から―……………………児玉 健次  学寮日記抄―学徒出陣をめぐって…………………………………田中  収  忘れ得ぬ「出陣学徒壮行会」のこと………………………………御園 一子   ■連載  語り継ぐ戦争体験者の証言G    南溟の島アンボンで見た学徒兵の戦場………………………杉田 勘三
              第3回「わだつみフォーラム」の記録    バターン死の行進・強制労働の思い出と日米友情への願いをこめて             …………………………………………………レスター・テニー  *講演を聴いて…………………………………………………………………  *レスター・テニー博士に逢って…………………………………長田   孜
九州戦跡地巡礼の旅を終えて…………………………………………安島 克久 ■書評  道場親信『抵抗の同時代史』……………………………………山本 唯人  小澤一彦『インド洋孤島戦記―海軍アンダマン根拠地部隊の戦い』                                  ……………………………小島 晋治  J・Fフォルジュ(高橋武智)『21世紀の子どもたちに、                   アウシュヴィッツをいかに教えるか』……島本 優子  奥村晃作『戦争の歌―渡辺直己と宮柊二』……………………中條 雅夫 ■テレビ評  韓国・朝鮮人戦犯と、戦犯たちの平和運動         ―NHK「シリーズBC級戦犯」を観て― ……………田口 裕史 短歌 吾が同日同刻 …………………………………………………塚田 耕治 ■追悼 山下肇さん(わだつみ会元事務局長)………………………高橋 武智 報告 第六回国際平和博物館会議と平和のための博物館ネットワーク                       第八回全国交流会参加の記……………山辺 昌彦 編集後記 ■12・1不戦の集い(東京)ご案内  *表紙の写真は、8・15集会 2008年(江戸東京博物館ホール)  *広告協力: 明石書店 アテネ社 岩波書店 人文書院

 


機関誌 『わだつみのこえ』 128号  〜「わだつみのこえ記念館」設立一周年 12・1 不戦の集い記録〜

機関誌『わだつみのこえ』 第128号表紙写真

    機関誌『わだつみのこえ』 第128号
            2008年7月20日発行 
      ★頒価1,000円、送料200円
             お申し込みは事務局まで
  機関誌 127号案内 
  バックナンバー案内 
  戻る                     





   

    わだつみのこえ    No.128     目  次

      
巻頭言 九条「世界」と連帯して……………………………………手塚 久四

ぬちどう宝─沖縄からのメッセージ─…………………………………小島 晋治

■連載
 遺稿・遺品を訪ねて <その12>
    奥村克郎氏ご遺族(外野信子さん)に聴く……………………………

2007年12・1 不戦の集い記録 講演 少年兵の無念─生きているうちに語り継ぎたい─……猪熊 得郎  *アンケート 講演を聴いて ……………………………………………  映画『特攻』を観て ……………………………………
語り継ぐ戦争体験者の証言 F  万年上等兵が体験した広島原爆と戦争……………………………片山 正年 忘れないでください─ノモンハン参戦兵士の叫び─………………小林  正 メディア時評・2008年  渡邉氏主導で最後のサバイバル競争………………………………椿  新平 追悼  畏友・石井茂さんのこと……………………………………………楠  裕次  石井茂さんを偲ぶ─『思想の科学』との半世紀─………………山領 健二 ■書評  高橋武智『私たちは、脱走アメリカ兵を越境させた…』……白井 成雄  佐貫浩・世取山洋介『新自由主義教育改革』…………………松浦  勉  寄贈図書紹介  『ミッション・スクールと戦争〜立教学院のディレンマ〜』                                     (老川慶喜・前田一男編著) ■映画評  『靖国─YASUKUNI─』(監督:イ・リン)を観て…………………馬場 朋子 俳句 上原良司の碑…………………………………………………新俳句人連盟 短歌 旭日旗……………………………………………………………内藤ます子  雪の日、君は蒼い空を見たか……………………………………蘆野つづみ ■報告 わだつみ会総会・NPO法人わだつみ記念館基金役員 編集後記 ■8・15集会・戦没学生遺稿展(東京)ご案内  *表紙の写真は、12・1 不戦の集い 2007年(文京区民センター)  *広告協力: 亜紀書房 アテネ社 岩波書店 梨の木舎

 


機関誌 『わだつみのこえ』 127号    〜<「戦後」の原点から、「九条」を世界へ> 8・15集会記録〜

機関誌『わだつみのこえ』 第127号表紙写真

    機関誌『わだつみのこえ』 第127号
            2007年11月15日発行 
      ★頒価1,000円、送料200円
             お申し込みは事務局まで
  機関誌 126号案内 
  バックナンバー案内 
  戻る                     





   

    わだつみのこえ    No.127     目  次

      
巻頭言 ペシャワールから平和への示唆……………………………根本 博愛

終末期に見る戦争の悲劇―戦争体験を踏まえて平和と人権を……斉藤 一好

カーニコバル島の日本軍と戦犯裁判 ―木村久夫の遺書に隠された真実―
                  ……………………………木村宏一郎

■連載 語り継ぐ戦争体験者の証言E
    BC級戦犯60年目の証言と日本の戦争…………………河野 一英

戦没した旧制水戸高校の卒業生について……………………………小島 晋治

 わだつみ会 8・15集会記録 <「戦後」の原点から、「九条」を世界へ> 【講演】いま、世界が九条を求めている…………………………吉岡 達也 【挨拶】映画『蟻の兵隊』上映にあたって………………………池谷  薫  *8・15集会に参加して ……………………………………………………
メディア時評・2007年  分裂・拡散する「戦後」、報道の別れ道…………………………椿  新平
              第2回「わだつみフォーラム」の記録 東ドイツ市民にとってのドイツ統一 ………………………………雪山 伸一
■意に反して”カミカゼ”にされた人々…………………フィリップ・ポンス   訳・高橋 武智 ■書評  杉山市平『戦争紀行』 ……………………………………………小澤 一彦  木邨健三『このままでいいのか』 ………………………………岡安 茂祐 ■寄贈図書から  『有明山に日かげさし〜上原良司の遺した思い〜』(豊科高校編)  『アジア太平洋戦争における慶應義塾関係戦没者名簿』(白井厚編) ■映画評  『陸に上った軍艦』(監督・山本保博)……………………………小川 早苗  『ガイサンシーとその姉妹たち』(監督・班忠義)………………内田 美穂 ■テレビ評  『学徒兵─許されざる帰還』(NHKスペシャル)………………中條 雅夫 ■短歌 海に向いぬ―わだつみのこえ記念館― …………………秋元 直子 ■報告 あの戦場体験を語り継ぐ集い………………………………猪熊 得郎 ■事務局より  * 訃報  * 記念館を維持するためのお願い  * 入会案内・わだつみ会の本  * 機関誌在庫案内  * 関西わだつみ会「不戦のつどい−2007年12月8日」ご案内 編集後記 ■12・1不戦の集い(東京)─2007年─ご案内  *表紙の写真は、平和への戦没学生遺稿展(江戸東京博物館ホール)  *広告協力: アテネ社 岩波書店 高文研 作品社

 


機関誌 『わだつみのこえ』 126号    〜特集・わだつみのこえ記念館設立記念 12・1集会記録〜

機関誌『わだつみのこえ』 第126号表紙写真

    機関誌『わだつみのこえ』 第126号
            2007年7月20日発行 
      ★頒価1000円、送料200円
             お申し込みは事務局まで

     
 
  機関誌 125号案内 
  バックナンバー案内 
  戻る                     











   

    わだつみのこえ    No.126     目  次

      
巻頭言  憲法第九条を守り抜く力………………………………永野  仁

歴史観の強要ほど恐ろしいものはない…………………………石上 正夫

自民党新憲法草案のねらいと基本的考え方……………………小川 雅弘

アジアの平和は謙虚な反省と交流から…………………………渡部  治

■連載
 遺稿・遺品を訪ねて <その11> 宅嶋徳光さんご遺族に聴く

 語り継ぐ戦争体験者の証言D
   学徒兵が見た硫黄島玉砕の真実…………………………大曲  覚

硫黄島で見た日米の擦れ違い……………………………………松尾 文夫

わだつみのこえ記念館設立記念 <2006年12・1不戦の集い記録> 講演 いま戦没学生を振り返る二つの視線…………………安斎 育郎  *集会アンケートより ……………………………………………………
メディア時評・2007年  『朝日』が方針転換、護憲少数派に…………………………椿  新平   一枚の写真が語る「アメリカと北朝鮮の間」…………… 松尾 文夫
わだつみフォーラムの記録 スロベニアを通して見た戦争と平和…………………………高橋 武智
不可解な「特攻第一号」発表……………………………………手塚 久四 学徒傷病兵の澄んだ眼……………………………………………小澤登喜子 ■私の一冊  『或る遺書について』(塩尻公明著)………………………坂田 治郎  『くちなしの花』(宅嶋徳光遺稿集)………………………和田 久子 ■書評  多田茂治『母への遺書─沖縄特攻・林市造─』………… 河田  宏  小池清彦ほか 著『我、自衛隊を愛す、故に憲法九条を守る』…… 小澤 一彦  宇多喜代子『ひとたばの手紙から─戦火を見つめた俳人たち』中條 雅夫  F・セラフィム『日本における戦争の記憶と国内政治』……岡安 茂祐   ■こんな活動しています   「山梨平和ミュージアム」……………………………淺川  保   「戦争体験放映保存の会」……………………………猪熊 五郎 ■会への便り 「村の忠魂碑はなに思う」を読んで…………神坂 玲子 ■機関誌125号を読んで………………………………………アンケートより ■お知らせ  * 8・15集会(東京)案内   *インフォメーション  * 短信   * 原稿募集   *正誤表 編集後記  *表紙の写真は、わだつみのこえ記念館(津布久 智撮影)    *広告協力: アテネ社 岩波書店 弦書房 原書房

 


機関誌 『わだつみのこえ』 125号        〜特集・あの戦争と若者の死 /8・15集会記録〜

機関誌『わだつみのこえ』 第125号表紙写真

    機関誌『わだつみのこえ』 第125号
            2006年11月10日発行 
      ★頒価1,000円、送料200円
             お申し込みは事務局まで
  機関誌 124号案内 
  バックナンバー案内 
  戻る                     

   

    わだつみのこえ    No.125     目  次

      
巻頭言  61年後の暑い夏……………………………………………見理 文周

■「わだつみのこえ記念館」設立・開館の報告………………………わだつみ会

■これからの日本 ─人権、平和、民主主義─……………………宮崎 繁樹

特集 あの戦争と若者の死………………………………………………………
 われ沖縄に特攻す―生き残った特攻隊員の遺書― ……………松浦 喜一
 「皇国護持」のための愚かな特攻 …………………………………永澤 道雄
 戦争誘導への象徴 靖国神社 ……………………………………小山 保夫
    *豆知識/死と対決した青春・特攻・ナショナリズムと国家再編

■小特集 国を愛するとは
 教育基本法「明文改正」と「愛国心の法制化」問題 ………………松浦  勉
 「国を愛するとはどういうことか」 ………………………………長砂  實
 見捨つるほどの祖国はありや ……………………………………里山  真
 踏み絵としての愛国心 ……………………………………………中條 雅夫

連載  遺稿遺品を訪ねて―その10―
     池田浩平氏遺族 金井千施子さんに聴く
             ………………………ききて: 多湖正紀、永野 仁

連載  語り継ぐ戦争体験者の証言 C 
   もう学徒出陣は見送らない……………………………………根本 道子

  日本国憲法の過去・現在・未来わだつみ会 8・15集会記録
            【講演】米軍再編と改憲の動き…………………………………水島 朝穂   【映画】誌上紹介「映画 日本国憲法」シグロ 2005年作品………………    *集会アンケートより ………………………………………………………
資料紹介『京都大学における「学徒出陣」─調査研究報告書─』(全二巻)               京都大学文書館編 ■メディア・エッセイ  《Blog ブログ》「アメリカ・ウオッチ」 ……………………松尾 文夫  ドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」/  岩波 Jr 新書『私は「蟻の兵隊」だった』(奥村和一・酒井誠) 小澤 一彦 ■書評  石田 雄『一身にして二生、一人にして両身』…………………高橋 武智  石川逸子『〈日本の戦争〉と詩人たち』 ………………………小澤 景子  福間良明『「不戦」のメディア史』 ……………………………木村 聖哉  毛利和子『日中関係−戦後から新時代へ』…………………… 相澤百合子  亀井 淳『遠い潮の香』………………………………………… 小澤 一彦 ■自著紹介 『特攻の半世紀を追って』……………… シュミット村木真寿美 ■寄贈本より『聞こえますか、命の叫び―永田和生の軍隊日記』(児玉健次編著) ■こんな活動をしています―       「戦争体験を掘り起こす会 DIG」…………………奥田 豊己 ■機関誌124号を読んで……………………………………………アンケートより ■事務局より  * 12・1不戦の集い(東京)─2006年─ご案内  * 機関誌原稿募集 編集後記  *表紙の写真は、わだつみ会 8・15集会─2006年─ 会場風景  *広告協力: あけび書房 アテネ社 岩波書店 (有)フォイル

 


機関誌 『わだつみのこえ』 124号  〜戦後60年 不戦の原点にたちかえるー12・1不戦の集い記録〜
機関誌『わだつみのこえ』 第124号表紙写真

    機関誌『わだつみのこえ』 第124号
            2006年7月20日発行 
      ★頒価900円、送料200円
             お申し込みは事務局まで

      ☆次号発行予定: 11月中旬
      ☆原稿募集中
  機関誌 123号案内 
  バックナンバー案内 
  戻る                     

   

    わだつみのこえ    No.124     目  次

      
巻頭言  語り継ぎたい「特攻体験」………………………………手塚 久四

■小泉政権下における国家の品格とは……………………………細島  泉

■私は私にできることをしているだけ……………………………内田 雅敏

戦後60年 不戦の原点にたちかえる―<2005年12・1不戦の集い記録> 講演 グローバリゼーション時代の非核・不戦の誓い…………岩島 久夫  *集会アンケートより …………………………………………………………
■札幌篠路高校の平和学習…………………………………………姥谷 広昭 ■21世紀こそ第九条を地球憲法に…………………………………和田 隆子 ■台湾人BC級戦犯のこと…………………………………………小島 晋治 ■東洋大学戦没校友の碑……………………………………………石垣貴千代 ■書評  大貫恵美子『学徒兵の精神誌』………………………………岡安 茂祐  多田茂治『戦中文学青春譜』…………………………………河田  宏  岩波ブックレット『憲法九条はなぜ制定されたか』『憲法九条、未来をひらく』   『憲法を変えて戦争へ行こう』………………………………大島 宮治  板垣恭介『明仁さん、美智子さん、皇族やめませんか』…楠  裕治  川崎キヌ子『満州の歌と風土』………………………………中條 雅夫   ■映画紹介  「紙屋悦子の青春」(黒木和雄監督作品・2006年)…………井室美代子 ■わだつみ会総会報告  2006〜2007年度事業計画(活動方針)・新役員紹介・新理事長挨拶  2004〜2005年度事業報告  総会への意見 ■特定非営利活動法人「わだつみ記念館基金」役員紹介 ■拾遺綴  * 四年目のイラク戦争……………………………………………石井  力  * 寄贈図書から 『未来への伝言』…………………………………………  * アンケート 機関誌123号を読んで ………………………………………  * 「君が代」替え歌 KISS ME ……………………………………………… ■お知らせ  * 8・15集会(東京)案内   *インフォメーション  * 原稿募集         *正誤表    編集後記  *表紙の写真は、わだつみ会 12・1不戦の集い─2005年─ 会場風景    *広告協力: あけび書房 アテネ社 岩波書店 影書房

 


機関誌 『わだつみのこえ』 123号  〜戦後60年、私たちはどう生きてきたか /8・15集会記録〜

機関誌『わだつみのこえ』 第123号表紙写真

    機関誌『わだつみのこえ』 第123号
            2005年11月15日発行 
      ★頒価1,000円、送料200円
             お申し込みは事務局まで
  機関誌 122号案内 
  バックナンバー案内 
  戻る                     

   

    わだつみのこえ    No.123     目  次

      
アピール 戦後六〇年にあたって ………………………………… わだつみ会

■「9・11総選挙」と憲法第九条…………………………………伊藤 成彦
■大学における戦没者の追悼…………………………………………白井  厚
■「お前は米国のスパイか?」………………………………………安田 純平
<詩> ああ、戦後六十年 ……………………………………………井上 俊夫

戦後60年特集
    戦没学生への手紙 ………竹本さや、豊田紗耶美、橋本高穂、横山聡美
    戦後60年に想う ………………………中村忍、鎌田栄太郎、長浜恵知

      わだつみ会 8・15集会記録
            <戦後60年、私たちはどう生きてきたか> 【講演】もう一つの〈もはや戦後ではない〉…………………加納 実紀代   【世代をつなぐ討論】         戦争体験世代から ………………………………………手塚 久四         勤労動員世代から ………………………………………井室美代子         戦後世代から ……………………………………………内田 雅敏         少国民世代から …………………………………………永野  仁          *フロアからの発言 …………………………………………………          *8・15集会に参加して ……………………………鵜澤希伊子
連載  語り継ぐ戦争体験者の証言 B 「回天」は自爆特攻兵器だった ……………………………前田 禎造        聞き手 河野 和彦 / 小澤 一彦(文責) ■書評  田中伸尚『憲法九条の戦後史』 ………………………………根本 博愛  辻井 喬『終わりからの旅』 …………………………………鈴木 妙子  高橋哲哉『国家と犠牲』 ………………………………………藤井 貞雄  山梨戦跡ネット『伝えたいあの戦争? 戦後六〇年にあたって』   ………………………………………………浅川  保  北海道新聞社『戦禍の記憶 戦後六十年 百人の証言』 …西羽  潔 ■会への便り  今日の日本に思う…………………………………………………大竹 清風  総選挙の結果に思う………………………………………………岩間 宏之  憲法があぶない!…………………………………………………石井  茂  望郷の丘……………………………………………………………河田  宏 ■事務局より  * わだつみ記念館の設立にご協力ください!  * わだつみ会の本のご案内  * 12・1不戦の集い(東京)─2005年─ご案内 編集後記  *表紙の写真は、わだつみ会 8・15集会─2005年─ 会場風景  *広告協力: アテネ社 岩波書店 インパクト出版会

 


機関誌 『わだつみのこえ』 122号   〜戦後60年特集「私の8・15」 / 12・1不戦の集い記録〜
機関誌『わだつみのこえ』 第122号表紙写真

    機関誌『わだつみのこえ』 第122号
            2005年7月25日発行 
        ★頒価1,000円、送料200円
             お申し込みは事務局まで
  バックナンバー案内 
  戻る                     

   

    わだつみのこえ    No.122     目  次

      
巻頭言 「天皇メッセージ」を思う
                   ―ある流言蜚語の勧め― ………………大島 孝一

戦後60年特集 私の8・15……………………………………………………
    いき一郎、石井一郎、石井和夫、石井 茂、一瀬智司、井室美代子、
    大杉一雄、小澤一彦、柿沼則子、楠 裕次、熊谷直孝、小島晋治、
    佐伯孚治、沢村 誠、鈴木 実、田中 浩、中條雅夫、長砂 實、
    野々村恵子、箸方誠之、和賀君子

      戦後60年を前にして―  <2004年12・1不戦の集い報告> 改憲は徴兵への道 ― 「昭和日本」の生き残りとして ………石井  茂 戦争はつくられる、そして今 ……………………………………斎藤 貴男  *集会アンケートより …………………………………………………………
連載  語り継ぐ戦争体験者の証言 A あの戦争と私 …………………………………………………山内 昭子                         (ききて 小澤 一彦) ■高橋健二抄訳『ドイツ戦没学生の手紙』について……………岡田 裕之 ■人間は馬より下なのか……………………………………………岡本  正  ■松本市「上原良司の会」を傍聴して……………………………石井  茂 ■書評  金田茉莉『東京大空襲と戦災孤児ー隠蔽された事実を追って』                  ……………………………小澤 一彦  鹿野政直『兵士であること─動員と従軍の精神史』 ………松浦  勉  早乙女勝元『戦争を語りつぐ―女たちの証言』 ……………井室美代子  高橋哲哉『靖国問題』 …………………………………………一瀬 智司  雨宮 剛『私たちどうして 人間じゃないの?       ─怒りと慟哭 クルド難民と青学生の対話』………石井  茂  楠 裕次『考証 ノモンハン事件』 ……………………………小島 晋治 ■121号合評アンケート………………………………………………………… 寄稿「入会にあたって」………………………………………………井上 正信 ■お知らせ  * 8・15集会(東京)案内   *「戦没学生への手紙」募集要項  * 原稿募集「子や孫に伝えたいこと」  * わだつみ記念館の建設を!  * 光文社カッパ・ブックス『新版 きけ わだつみのこえ』復刻版刊行   編集後記  *表紙の写真は、復刻カッパ・ブックス版『新版 きけ わだつみのこえ』  *広告協力: アテネ社 岩波書店 影書房

 


機関誌 『わだつみのこえ』 121号  〜8・15集会の記録 / 新連載 語り継ぐ戦争体験者の証言〜
機関誌『わだつみのこえ』 第121号表紙写真

    機関誌『わだつみのこえ』 第121号
            2004年11月15日発行 
        ★頒価1,000円、送料200円
             お申し込みは事務局まで
  バックナンバー案内 
  戻る                     

   

    わだつみのこえ    No.121     目  次

      
巻頭言 中国青年の嫌日・反日の顕現に思う……………………小島 晋治

■論説  イラク戦争・憲法・有事 ………………………………竹岡 勝美

■連載  遺稿遺品を訪ねて―その9―
     深澤 恒雄氏遺族 愛子さん(令妹)に聴く………………編集委員会
        
      流れに抗する―憲法と派兵と―  <2004年8・15集会報告> 開会のことば…………………………………………………………石井  茂 新しい戦争ってなんだろう―少国民世代の証言―………………山中  恒 「日本国憲法」の不戦の論理―危機的現状打開のために―……佐高  信   *集会アンケートより …………………………………………………………
新連載  語り継ぐ戦争体験者の証言 @   生還した特攻隊員の遺言…………………………………………松浦 喜一   死者は語らず―孫天植同志を哀悼す―…………………………許  相 Z   遺稿 ニューギニア日誌…………………………………………田村  正   上原良司氏家郷に帰る……………………………………………石井  茂   ソウルの一念碑をたずねて………………………………………永野  仁 ■書評  松尾文夫『銃を持つ民主主義』 ………………………………小澤 一彦  佐藤忠男『シネマと砲声』 ……………………………………谷   栄  城戸崎愛・由井りょう子『戦火とドーナツと愛』 …………本田 方子  西野瑠美子『戦場の慰安婦』 …………………………………野々村恵子 ■120号合評アンケート………………………………………………………… 「明日は自由主義者が一人この世から去って行きます」を見て…綾部 典哲 ■事務局より  * わだつみ記念館の建設を!  * 関西わだつみ会 12・1集会のお知らせ  * 12・1不戦の集い(東京)案内   編集後記  *表紙の写真は、深澤恒雄遺詠(便箋メモ)  *広告協力: アテネ社 岩波書店 勁草書房 高文研 小学館
            七つ森書館

 


機関誌 『わだつみのこえ』 120号
                        〜12・1不戦の集い記録 / 『新版 第二集 こえ』の増補・改訂について〜
機関誌『わだつみのこえ』 第120号表紙写真

    機関誌『わだつみのこえ』 第120号
            2004年7月15日発行 
        ★頒価1,000円、送料200円
             お申し込みは事務局まで
  バックナンバー案内 
  戻る                     

   

    わだつみのこえ    No.120     目  次

      
巻頭言 「神様」を持ちだす戦争…………………………………大島 孝一

■非戦の原点に戻って平和主義の再生を
         ―「平和への結集」の訴え― ………………………小林 正弥

■学校現場における日の丸・君が代の現在
         ―「教育」から非「教育」への試論― ……………赤田 圭亮

連載  遺稿遺品を訪ねて―その8―
     林 市造氏遺族 加賀博子さんに聴く
        ……………………ききて: 里上譲衛、多湖正紀、田中洋行
        
■『新版 第二集 きけ わだつみのこえ』増補・改訂…………岡田 裕之

   戦争体験を未来につなぐ ―2003年12・1集会報告― 私の戦場体験 ― 中国とフィリピン……………………………藤岡 明義 加害の記憶と責任を受け継ぐために……………………………熊谷伸一郎 フィリピンと私……………………………………………………鈴木サヤカ   *集会アンケートより………………………………………………………   *関西わだつみ会「不戦の集い」…………………………………………
総会報告   2004〜05年度事業(活動)方針、新役員紹介、新理事長あいさつ…… ■生き残りが試されるとき ―渡辺清さんを憶う―……………松本 昌次 ■渡辺清著『砕かれた神』復刊記念会 …………………………石井  茂 『新版 第二集 きけ わだつみのこえ』にゆるがされて………小岩 昌子   学徒兵とアジア認識 ―『新版 第二集 きけ わだつみのこえ』を読んで                                       ………………… 岡田 真人 ■書評  大石又七『ビキニ事件の真実』………………………………青木 裕美  鶴見俊輔・上野千鶴子・小熊英二    『戦後が遺したもの ―鶴見俊輔氏に戦後世代が聞く』… 小島 晋治  角田房子『閔妃暗殺』…………………………………………大川  洸 ■映画案内 「父と暮らせば」……………………………………井室美代子 ■事務局より  * わだつみ記念館の建設を!/ * 静岡わだつみ会の結成をめざして  * アンドリュー・キャロル氏来訪 / * 8・15集会案内   編集後記  *広告協力: アテネ社 岩波書店 新曜社 筑摩書房 日本評論社

            みすず書房

 


機関誌 『わだつみのこえ』 119号
        〜「学徒出陣」60周年記念『きけ わだつみのこえ』読後感想文入賞作品発表
8・15集会の記録〜

機関誌『わだつみのこえ』 第119号表紙写真

    機関誌『わだつみのこえ』 第119号
            2003年11月15日発行 
        ★頒価1,000円、送料200円
             お申し込みは事務局まで
  バックナンバー案内 
  戻る                     

   

    わだつみのこえ    No.119     目  次

      
巻頭言 沈黙を守るべきなのか!……………………………………村上 光彦

論説 戦争経験と反戦平和
     ―『きけ わだつみのこえ』を読んで考えたこと― ………道場 親信

連載  遺稿遺品を訪ねて―その7―
     柳田陽一氏遺族 柳田節子さんに聴く……………………編集委員会

■『きけ わだつみのこえ』感想文入賞作品発表………………………… 
    中学生の部 入選・菊地 桃    佳作・中村華子
    高校生の部 入選・高江可奈子  佳作・浜田智子、尾上隆哉
    大学生の部 入選・立元貴紀    佳作・若林香澄
    一 般 の部 入選・石村和枝、竹下ひろみ  佳作・吉田 豊
               西川清美、齋藤国郎、内藤 充、中野ともみ
          
    選 評 小島晋治、國弘正雄、手塚久四、増田れい子、永野仁………

■アメリカの戦争を問う ―2003年8・15集会報告― 市民の論理としての『人間の盾』…………………………………松崎三千蔵 ブッシュ政権のアメリカ ―力の均衡から戦争の均衡へ― ……藤原 帰一 * 「真空地帯」に感あり……………………………………………石井 茂   集会アンケートより……………………………………………………………
元学徒兵が語る「学徒出陣」から60年     畔上知時、石井 茂、大杉喜久男、尾崎武男、鎌田栄太郎……………     北川 信、木邨健三、熊谷直孝、鈴木 実、渡辺芳郎………………… 名選手 松井栄造を偲ぶ ……………………………………………谷    栄 ある朝鮮人将校の死…………………………………………………河田 宏 書評  藤原帰一『戦争を記憶する』 …………………………………田代美江子  ジョン・モリス著(鈴木理恵子訳)『戦中日本滞在記』……………向田 博  吉田裕『日本の軍隊』 …………………………………………小澤 一彦 会からのお知らせ  * 12・1「不戦の集い」 * 関西わだつみ会「不戦の集い」  * わだつみ記念館の建設を! 編集後記 *広告協力: アテネ社 岩波書店 太田出版 樹花舎

 


機関誌 『わだつみのこえ』 118号    〜「学徒出陣」60周年特集 12・1不戦の集いの記録〜

機関誌『わだつみのこえ』 第118号表紙写真

    機関誌『わだつみのこえ』 第118号
            2003年7月20日発行 
        ★頒価1,000円、送料210円
             お申し込みは事務局まで
  バックナンバー案内 
  戻る                     

   

    わだつみのこえ    No.118     目  次

      
巻頭言   「法の支配」の復権のために………………………内田 雅敏

アフガニスタン国際戦犯民衆法廷
        ―ならず者ブッシュを裁くために― ………………前田  朗
教育基本法問題と国家
        ―中教審答申をめぐって― …………………………熊谷 一乗
連載  遺稿遺品を訪ねて―その6―
     宇田川達氏ご遺族に聴く ………………………………編集委員会

■特集 「学徒出陣」60周年 【声明】平和・不戦を世界にむけて訴える………わだつみ会元学徒兵有志  「学徒出陣」60周年「声明」記者会見記録………………………………… 戦争を忘れぬ者の遺言………………………………………………高畠  平 元学徒兵・一野僧の呟き……………………………………………見理 文周 「学徒出陣」60周年に思う   特攻と殉死と蒼トンボ…………………………………………奥田 豊巳   戦争悪と人の愛――「戦場のピアニスト」を見て…………相澤百合子 戦没学生松永兄弟と詩人立原道造…………………………………岡田 裕之 スロベニアの大学生が『きけ わだつみのこえ』を読む ………高橋 武智 短歌「開聞岳」………………………………………………………大杉喜久男
■2002年12・1不戦の集い記録 アメリカの先制攻撃は許さない ……………………………………………… 特攻兵器「回天」「伏竜」の体験から……………………………岩井 忠正 ブッシュ政権と在日米軍……………………………………………梅林 宏道
書評  雨宮剛編著『フィリピンに学ぶ』  …………………………石井  茂  朝日新聞取材班『新聞社攻撃―テロリズムと対峙した15年』 里上 譲衛  小熊英二『〈民主〉と〈愛国〉』 ………………………松浦  勉 「愛と怒り―闘う勇気」―松井やよりさんの生涯― ………辻井 美穂 史料にみるわだつみ会の設立 …………………………50年史編集委員会 会への便り  『きけ わだつみのこえ』を読んで …………坂田 真実 2003年わだつみ会8・15集会のご案内 編集後記 *表紙の写真は、「学徒出陣」60周年「声明」記者会見(学士会館にて) *広告協力: アテネ社 岩波書店 樹花舎 現代人文社 新日本出版社
            新曜社

 


機関誌 『わだつみのこえ』 117号  〜平和への遺書・遺品展 8・15集会の記録〜

機関誌『わだつみのこえ』 第117号表紙写真

    機関誌『わだつみのこえ』 第117号
            2002年11月15日発行 
        ★頒価1,000円、送料210円
             お申し込みは事務局まで
  バックナンバー案内 
  戻る                     

   

    わだつみのこえ   No.117     目  次

      
巻頭言  核超大国アメリカの先制攻撃は認めない……………岡田 裕之
国際刑事裁判所と日本のとるべき進路…………………………東澤  靖
違憲の有事立法の背景と問題点…………………………………茶本 繁正
連載  遺稿遺品を訪ねて―その5―
     松岡欣平氏ご遺族に聴く…………………………………編集委員会

■特集 平和への遺書・遺品展――東京・2002年8月10日〜15日   戦没青年との対話―東京遺書・遺品展の意義と内容………岡田 裕之   記録 平和への遺書・遺品展…………………………………常任理事会   平和への遺書・遺品展を観て     平和への遺書・遺品展を息子とふれて…………………舘野  豊     遺していった心……………………………………………浪川 恵子     初めて亡父の手紙に接して………………………………小山 澄子     展示会場にて………………………………………………谷   栄     会場アンケートより
詩人 竹内浩三をめぐる友情 ……………………………………小林  察
■21世紀の戦争と平和――2002年815集会記録   私の8月15日…………………………………………………馬場あき子   沖縄から見た有事法制と平和憲法……………………………高良 鉄美   815集会アンケートより   誰が戦争をはじめる? <『短歌朝日』より>
書評  飯沼佳恵『徴兵―父の軌跡 隊で遺言を書けと言われたけれど』/  加藤克子『日中戦争―悲しい兵隊』………………………小島 晋治  岩井忠正岩井忠熊『特攻―自殺兵器となった学徒兵兄弟の証言』林  由美  エヴェルト・ィレム・ンダイヤ著『ネルと子供たちにキスを』野々原 宏  鶴見俊輔対談集『未来におきたいものは』…………………黒川 昭信  英訳『きけ わだつみのこえ』 ……………………J・R・ドミンゲス 機関誌115号合評アンケートより ………………………………編集委員会 121不戦の集い案内 編集後記 *表紙の写真は、「平和への遺書・遺品展」に英訳者の山内みどりさん         を迎えて (江戸東京博物館にて) *広告協力: アテネ社 岩波書店 作品社 新日本出版社 藤原書店
             未來社

 


機関誌 『わだつみのこえ』 116号
            〜12・1不戦の集い
遺書・遺品展 第2回わだつみフォーラムの記録〜



    機関誌『わだつみのこえ』 第116号
            2002年7月20日発行 
        ★頒価1,000円、送料210円
             お申し込みは事務局まで
  バックナンバー案内 
  戻る                     

   

    わだつみのこえ   No.116     目  次

      
巻頭言……………………………………………………………岡田 裕之
二元論の罠−国際テロと有事法制について考える−………杉田  敦
連載  遺稿遺品を訪ねてーその4ー
    篠崎二郎氏・鷲尾克己氏ご遺族に聴く……………関西わだつみ会
短歌 無言館を訪ねて…………………………………………小畑 道子

■ドキュメント「平和の世紀へ−遺書・遺品展」   戦没青年とともに生きる……………………………………常任理事会   遺稿に刻まれた戦没学生の苦悩と知性と愛と……………岡田 裕之
詩 悪魔の火(原爆)…………………………………………山口 國雄 西蓮寺「平和の碑」建立に思う………………………………秋月 亨観   〜〜〜〜〜 第2回わだつみフォーラムの記録 〜〜〜〜〜 朝鮮人学徒兵の戦中体験と戦後………………………………鄭 h 永 アンケート:わだつみフォーラムに参加して   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   
■12・1不戦の集い「戦争と暴力のない世界へ」記録   わだつみの世代から…………………………………………土屋 公献   非暴力平和隊のめざすもの…………………………………大畑  豊
書評  辻井 喬著『わたつみ』三部作……………………………村上 光彦  最上敏樹著『人道的介入』………………………………安良城 米子  益井康一著『日本と中国はなぜ戦ったか』………………小澤 一彦  田中伸尚著『憲法を獲得する人びと』……………………松本 弘子 総会報告 2002年わだつみ会定期総会   新役員紹介/委員会/事業計画案/理事長就任挨拶   声明「戦争国家への逆行を阻み、有事法制三法の廃案を求める」 わだつみ記念館の建設を! 鎌田定夫氏を悼む………………………………………………渡辺 総子 会への便り(『こえ』英訳者 山内みどり氏より) 「平和への遺書・遺品展」/「わだつみ会8・15集会」案内 編集後記 *表紙の写真は、「平和の世紀へ−遺書・遺品展」会場風景          立命館大学国際平和ミュージアムにて *広告協力: アテネ社 岩波書店 大月書店 光人社 出版芸術社

 


機関誌 『わだつみのこえ』 115号  〜8・15集会の記録〜



    機関誌『わだつみのこえ』 第115号
            2001年11月15日発行 
        ★頒価1,000円、送料210円
             お申し込みは事務局まで
  バックナンバー案内 
  戻る                     

   

    わだつみのこえ   No.115     目  次

      
巻頭言………………………………………………………………岡田 裕之

国家の安全保障から人間の安全保障へ…………………………根本 博愛
戦争遺跡保存の意義と課題………………………………………渡辺 賢二

連載  遺稿遺品を訪ねてーその3ー
    木村久夫氏ご遺族に聴く……………………………………編集委員会

「帰ってきた脱走兵」と再会して………………………………高橋 武智

ラーゲリの中の民主運動
  高橋哲郎氏(中国帰還者連絡会事務局長)会見記…………編集委員会

国家神道と戦争責任………………………………………………一瀬 智司

        8・15集会「平和の新世紀へ」記録  戦争体験を詠み継ぐ………………………………………………近藤 芳美  戦争責任ー天皇と民衆ー…………………………………………中村 政則  8・15集会宣言「首相の靖国神社参拝に抗議する」  集会アンケートより
後藤弘さんのこと…………………………………………………石井  茂 書評  藤原 彰著『餓死した英霊たち』……………………………高畠  平  澤地久枝著『自決ーこころの法廷ー』………………………小園 泰丈  永沢道夫著『海軍飛行予備学生ー青春の軌跡ー』…………小澤 一彦  森川金寿著『権力に対する抵抗』……………………………木下 信男 ダワー『敗北を抱きしめて』(原文、邦訳)の誤りについて ……………………………………………「わだつみ会50年史」編集委員会 構成詩 私の中の『きけ わだつみのこえ』 114号の合評アンケート 編集後記 ■「平和の世紀へ 遺書・遺品展」/「12・1不戦の集い」案内 *表紙の写真は、小泉首相に靖国神社参拝の中止を求める共同記者会見 *広告協力: 青木書店 アテネ社 岩波書店 光人社 而立書房 

 


機関誌 『わだつみのこえ』 114号  〜12・1不戦の集い記録〜



    機関誌『わだつみのこえ』 第114号
            2001年7月20日発行 
        ★頒価1,000円、送料210円
             お申し込みは事務局まで
  バックナンバー案内 
  戻る                     

   

    わだつみのこえ   No.114     目  次

      
"慰安婦"制度を裁いた女性国際戦犯法廷……………………西野瑠美子
「花岡事件」東京高裁で和解成立……………………………内田 雅敏

連載  遺稿遺品を訪ねてーその2ー
    上原良司氏ご遺族に聴く…………………………………編集委員会

56年ぶりに帰還した遺品を手にして………………………小川 陽子
平和資料館を全国にー静岡の場合ー…………………………鈴木  実

         ■12・1不戦の集い記録 私にとって戦争体験とは………………………………………辻井  喬 世紀の替り目にーわだつみ運動を振り返ってー……………山下  肇 会場アンケートより
        ■第1回 わだつみフォーラム記録 朝鮮人学徒出陣の実相…………………………………………姜 徳 相 証言 平壌学兵事件……………………………………………全 相 Y 会場アンケートより
ピースボート2001 南回り世界一周の旅から………………尾形  憲 言葉飾りて<短歌>……………………………………………畔上 知時 書評 『小田切秀雄全集』……………………………………………永野  仁 英訳『きけ わだつみのこえ』…………………………P・マキンナ他 『昭和天皇と近代日本の形成』(H.P.Bix著)………………向田  博 8・15をめぐるステージ…………………………………………………         集会……………………………………………………… 会への便り フィリピンからの便りーその2−…………………………大西志麻里 編集後記 ■わだつみ会8・15集会案内 ■わだつみ記念館の設立を! *表紙の写真は、わだつみフォーラムでの全相Y氏 *広告協力: 明石書店 アテネ社 岩波書店 集英社 勉誠出版

 


機関誌 『わだつみのこえ』 113号  〜わだつみ会設立50周年記念号〜



    機関誌『わだつみのこえ』 第113号
            2000年11月20日発行 
         ★頒価900円、送料200円
             お申し込みは事務局まで
  バックナンバー案内 
  戻る                     

   


      わだつみのこえ   No.113     目  次

      
天皇免責と戦後社会の変容−21世紀への課題−………………田中 伸尚
『きけ わだつみのこえ』遺稿・遺品をたずねて 第1回 佐々木泰三氏(八郎氏令弟)会見記………………編集委員会
海上春雄君の死……………………………………………………岡本 正
 ■8・15集会「戦争体験の継承と市民的不服従の思想」 理事長挨拶…………………………………………………………岡田 裕之 「きけ、わだつみの声」をめぐって −第1部開会の辞に代えて−………………………………谷 栄 映画で追求する「戦争と平和」…………………………………鍋島 寿夫 第2部 開会の辞…………………………………………………岡安 茂祐 いま、あらためて「戦争責任」を問う…………………………針生 一郎 感想文・アンケート 人間を演じる前に必要なこと…………………………………岩脇 忠弘 わだつみ会 8・15集会に参加して…………………………貫地谷しほり 会場アンケートより
■英訳『きけ わだつみのこえ』の出版によせて  訳者 山内みどりさんのプロフィール……………………小川富美恵  英訳『きけ わだつみのこえ』の上梓にあたって………山内みどり  "Listen to the Voices from the Sea"を読んで……多湖 正紀
「骨のうたう」を聴いていただく会……………………………小園 弥生
〜〜〜〜〜わだつみ会設立50周年記念祝賀会〜〜〜〜〜〜 (メッセージ) 50周年に寄せて…………………………………山下 肇 第一次わだつみ会創生期の思い出……………………………林 重太 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評・TV番組評・劇評 水木しげる著『カランコロン漂流記』………………………永野 泉 正気でなかった時代の若者の心………………………………杉本 徳久 取り返せない青春の時間………………………………………岡安 茂祐
会への便り フィリピンで『こえ』を読む ………………………………大西志麻里
12・1集会のご案内 わだつみ記念館の建設を ! 編集後記
*表紙の写真は、わだつみ会設立50周年記念祝賀会における『きけ わだつみのこえ』の朗読スナップ *広告協力: 一葉社 岩波書店 大月書店 樹花舎 勉誠出版