年間作業・農薬・エコファーマー


潅水
ジベレリン処理 摘粒
(種をなくしたり、雨をよけたり房の形を整えるため)
傘紙かけ 房の整理、房作り

芽欠き必要なところに良い芽だけを残すため)4月頃

青芽縛り(風で揺れたりしないように)4月頃

消毒作業(病害虫防除のため)4月から


消毒作業
(房にかけず、棚上にする)

摘粒、摘房

待望の出荷 7月〜9月




収穫後の資材の片付け

肥料かけ
(栄養を与えるため)

11月いっぱいくらい



そのほかに

整枝剪定作業
(無駄な枝を落として良い芽を出させるため)

空枝縛り
(枝の配置をよくしておく)
傘紙洗い


農薬について エコファーマーとは
食の安全が最近とても注目されてきています。
農薬は必要なのですか?と聞かれることがございますが
ぶどうの発育にはどうしても必要不可欠です。
これをしないと、必ずと言っていいほど害虫や病気に
おかされてしまうからです。
当園では安全基準に基づいて散布しています。
ぶどうが色づく以前に農薬散布は終了しておりますので、
房や実に付着するということはございません。
ご安心ください。

1999年7月に制定された持続農業法に基づく制度。
化学肥料や
農薬を減らし、
良質な堆肥を使った土作りに取り組む農業従事者を
申請に基づいて都道府県知事が認定したもの。

安全で高品質です。