2007年3月31日,イノシシの痕跡いっぱい
乙女高原ファンクラブトップ > 乙女高原の四季 > 2007年3月31日の乙女高原
林道の途中,キブシの花が咲いていました。これでも花です。 同じくダンコウバイの花です。ダンコウバイは葉や茎はかぐわしい匂いがするし,黄葉も見事です。

草原にはほとんど雪は残っていませんでした。 草原に残された「えぼじ」です。冬の間のハタネズミのトンネルの跡らしいのですが・・・
 →もっと知りたい方は,こちら

草原の奥の,富士山がよく見える場所です。
こんなに土を掘ってくれたのはイノシシたちです。
そこで見つけたイノシシの見事なうんち。
はしからはしまで13センチありました。どんな
肛門からこのうんちが生まれるのでしょうか。
それとも秘密は腸にあるのでしょうか?

草原の遊歩道のすぐ脇も,こんなに掘り返されていました。今年の夏,草花たちはちゃんと花を付けることができるでしょうか? 小さな土の山が(一直線ではありませんが)並んでいます。地下でモグラがトンネル工事をしていて,余った土を上に出している跡です。

乙女高原ファンクラブトップ > 乙女高原の四季 > 2007年8月14日の乙女高原        ページトップ