2007年4月15日,まだ冬のような乙女高原
乙女高原ファンクラブトップ > 乙女高原の四季 > 2007年4月15日の乙女高原
林道の途中,残雪が1カ所にだけありました。 草原には雪こそありませんが,まだまだ枯れ草色ばかり。でも,よくみると,草の芽は出ているし,BGMは小鳥たちの嬉しそうな春歌です。

ツノハシバミの花。赤い筆先みたいなのはめしべ,下に垂れているのが雄花です。 春先と秋の終わりだけに見られるヒメツチハンミョウ。これはオス。触角を立てて,まるでレーダーで何かを探しているようでした。

なんとマルハナバチに遭遇! オオマルハナバ
チの女王だと思うのですが,働き蜂くらいの大
きさしかありません。
冬を越したチョウ。これはヒオドシチョウ
です。ひなたぼっこをしていました。


乙女高原ファンクラブトップ > 乙女高原の四季 > 2007年4月15日の乙女高原        ページトップ