乙女高原ファンクラブトップ > メールマガジン > 第326号(2015.5.30)



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
    乙女高原ファンクラブ 公認
 乙女高原メールマガジン 第326号
 2015..5.30.
 発行者:植原 彰(乙女高原のある山梨市牧丘町)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ▲▼ もくじ ▼▲
NEW! 0.【ニュースニュース】
NEW! 1.【活動報告】遊歩道作り (5/10)
NEW! 2.【活動報告】スミレ観察会 (5/10)
   3.【活動案内】スミレ観察会 (5/31)
NEW! 4.【活動案内】草刈り実験 (6/14)
   5.【活動案内】マルハナバチ調べ隊(6/28)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

0.【ニュースニュース】

●1.(実施してからだいぶ経ってしまいましたが…)乙女高原の遊歩道づくりが今年も雲一つない青空の下行われました。参加した61人によってきれいな遊歩道が整備されました。ロープがからまってしまい、たいへんな思いをされた方が何人かいらっしゃいました。ご苦労さまでした。
遊歩道の一部に昨年のの草刈りのときに出た刈り草が敷いてあります。雨が降ったときに土が流されてしまうのを防ぐためですが,初夏くらいまではすべることがありますので,気をつけてください。

●2.遊歩道づくり終了後,今年初めてのスミレ観察会が開催されました。講師はもちろん依田 昇さん。今年はスミレ観察会単独のちらしを作らなかったことも影響したのか、参加者はあまり多くありませんでした。その分、みんなでじっくり観察できましたが・・・(→2)。
第2回目はあさって5月31日(日)10時からです。少し前の天気予報は曇時々雨でしたが、明日の天気予報は晴・曇!! ぜひご参加ください。シロバナサクラスミレに会える確率が高いです(→3)。

●3.今年もさまざまな手段を講じて、皆さんに乙女高原の自然情報を提供していこうと考えています。主なものは以下です。
①(皆さんが今お読みの)メールマガジンでの情報提供
②乙女高原ウェブサイトのトップページに、リアルタイムの自然情報(咲いている花、見られる虫、聞こえる鳥の声など)を載せています。ぜひご覧ください。
 http://fruits.jp/~otomefc/
③実際に乙女高原を訪ねたら、グリーンロッジの入り口の扉に掛けてある大きなホワイトボードをご覧ください。やはりリアルタイムの自然情報を掲載しています。

●4.今年も6月1日から11月23日までの土日祝日、塩山駅~柳平~焼山峠,柳平~大弛峠の乗合バスが運行されます。完全予約制です。昨年と少し変わっている点があります(帰りのバスは「花かげの湯」でも止まります。インターネットでも予約ができます等)。ご利用の際は以下のサイトをご覧ください
 http://eiwa-kotsu.com/timetable/ohdarumi-line.php

●5.5月31日のスミレ観察会(→3)、6月14日の草刈り実験(→4)、6月28日のマルハナバチ調べ隊(→5)・・・と、乙女高原でのイベントが目白押しです。ご参加ください。今年も乙女高原でお会いしましょう。そうそう。先週の日曜日にはもうレンゲツツジがもう咲き始めていましたよ。

●6.(再掲)今年度の活動計画をカラー写真で紹介するちらしをつくりました。配布にご協力いただける方はご連絡ください。お送りします。ちらしはネットでも公開しています(PDFファイル)。ご覧ください。
A面 http://fruits.jp/~otomefc/2015chirasia.pdf
B面  http://fruits.jp/~otomefc/2015chirasib.pdf

●7.次回世話人会は6月24日(水)午後7時半から牧丘総合会館です。ファンクラブの会員であれば,どなたでも参加できます。ぜひどうぞ。
--------------------------------------------------------------

1.【活動報告】●遊歩道作り● (5/10)

 16回目の遊歩道づくりは(も)とてもいい天気でした。
 今年も61人もの参加者に恵まれて、無事遊歩道づくりが行われました。例年に比べ参加者が少なかったですが、例年と違って遊歩道づくりのみを扱ったちらしを作らなかったからかなあと思いました(今年は、年間の活動全部を載せたちらしを作りました↓
  A面 http://fruits.jp/~otomefc/2015chirasia.pdf
  B面  http://fruits.jp/~otomefc/2015chirasib.pdf

 さて、今回も受付終了後、杭にロープをどのように縛るか(「とっくり結び」といいます)の練習をしていただきました。今回は遊歩道づくりの常連さんが講師を買って出てくださいました。さすがはもう16年も続いている活動です。

 各コースのスタッフは,それぞれのコースにつき,乙女高原ファンクラブのスタッフと県有林課のスタッフがあたりました。この「スタッフ」(参加してくださったボランティアの皆さんの世話役)、年々、立候補する方が少なくなって困っています。16回目となるイベントですからね、だいぶ「高齢化」が進んでいます)。始めの会終了後、森のコース、草原のコース、ツツジのコースの3コースに分かれ、それぞれ打ち合わせをしてから、杭やロープを持って出発です。市長さんも杭を打つ作業をしてくださいました。
 今回の遊歩道づくりでは,ロープがからまってしまう事件が何カ所かで起きました。一度,ロープがからまってしまうと大変です。ロープの途中で切らざるを得ないケースもありました。どなたか、からまりにくいロープの解き方,ご存じありませんか?

 受付でペットボトルのお茶を配るようにしましたが,暑くてのどがかわくので,ちょうどよかったです。今回も田丸グリーン基金と山梨ロータリークラブの方々が大勢参加してくださいました。このような団体参加はおおいに歓迎です。お仲間と一緒に、グループで、学校のサークル活動として、育成会・こどもクラブ単位で,企業の皆さんのCSR(社会貢献活動)として…、乙女高原の自然を守る活動にご参加ください。

なお、昨年の草刈りボランティアの折りに、遊歩道に刈り草を敷き入れました。土壌流失を防ぐためです。しばらくの間、すべる箇所もありますので、歩く際には十分注意してください。
----------------------------------------------------------------

2.【活動報告】●スミレ観察会● (5/10)

 スミレ観察会は今年で5年目。今年の第1回目を、遊歩道づくり終了後に行いました。少ない参加者でしたが,講師の依田さんの案内で、じっくりスミレを観察することができました。
 今年は2回のスミレ観察会を計画しています。その2回目の観察会は、なんと「明日」! しかも、週間天気予報では(つい2日前までは)雨だったのに,今の予報は曇時々晴!! 講師の依田さんは乙女高原のスミレを熟知している方です。ぜひ、ご家族・お友達をお誘いの上、おいでください(→3)。

 では、第1回目の観察会のレポ-トをお読みください。講師の依田さんが書いてくださいました。


●27年第一回乙女高原スミレ観察会の報告  依田 昇 2015.05.10.

 5月10日、乙女高原遊歩道づくりが早く終了した為、スミレ観察会を12時に前倒し、10分間乙女高原のスミレの説明をしてスタートしました、それでも13時30分に参加予定の方もいるかと思い、植原さんに後を託しました。
 今回の参加者は麻布大学生、大竹、大山さん、帝京科学大学生、青木さん、石和から来た名前不詳の女性、ファンクラブの三枝、芳賀さん、後で植原さん、私と妻三枝子の9名です。

 高原で一足早く太陽が届く場所、ヨモギ頭を目指しました。例年森の道ではエイザンスミレがたくさん見られますが昨年も今日も小さい花が4~5個見つかっただけでした。
 ヨモギの頭では、アケボノスミレがもう終りに近く、数はありましたが、色はかなりうすくなっていました、アカネスミレ、タチツボスミレ、は見ることができました。ヒゴスミレに関して、葉がたくさん見つかり、花は一輪だけでしたがきれいな花が見られました。増えてくれることを期待します。
 一番の問題はヒナスミレが、ここでも四季の森でも全く花が見られなかった事です、下見に来た5月2日も違う場所ではいくつか見つかりましたが、今日歩いた所では見つかりませんでした。小さい葉はあったので、季候的になにか変化が起きているのかも考えられます。
 四季の森のミヤマスミレは咲いていましたが、形は少し小さく感じました。
 最後に、乙女湖上に移動しました。数は少なかったもののシコク、オトメには出合う事ができました。

 ここで解散となりました。何とか8種のスミレを見る事ができました。この後の第2回目の観察会はサクラスミレ中心の会になると思いますが、実のある観察会ができるように希望をもちたいと思います。
----------------------------------------------------------------------

3.【活動案内】スミレ観察会

第1回 5月10日(日) …終了
第2回 5月31日(日) …明日!…午前10時から午後2時半
(少雨決行。雨天の判断は各自でお願いします)

 春,乙女高原には見つかっているだけで26種類のスミレがかわいい花を見せてくれます。といっても,いっぺんに・一ケ所で見られるわけではありません。少しずつ時期をずらし,生息場所をずらしています。そんな乙女高原のスミレを『乙女高原フィールドガイドⅢ 乙女高原のスミレ・ウォッチング』の編集代表・依田昇さんの案内で観察します。
なお,参加者のみなさんには『乙女高原のスミレ・ウォッチング』をもれなくプレゼント!!

■集 合 乙女高原グリーンロッジ前
■持ち物 べんとう,水筒,雨具,筆記用具,観察用具(ルーペがあると便利です),図鑑など。
■参加費 無料。
■講 師 依田 昇さん(乙女高原案内人。スミレ・フィールドガイド編集代表)
■問い合わせ・申し込み先 乙女高原ファンクラブ事務局(このメールに返信を)

※行事災害保険にはファンクラブで加入します。
--------------------------------------------------------------

4.【活動案内】 ●草の刈り取り実験● (6/14)

 草原内で違う時期に刈り取りをし、その影響をモニタリングし、刈り取りに対する草原植物の反応の違いを明らかにします。刈り取り実験区は,ひとつの処理について10m四方の方形区。今年は実験・調査の3年目です。このプロジェクトは麻布大学野生動物学研究室との協働事業です。

①6月区:6月に区内の全植物を刈り取って効果をみる。
②9月区:9月に区内の全植物を刈り取って効果をみる。
③11月区:11月に区内の全植物を刈り取る(現行の刈り取りの効果の確認)。
④2度刈り:6月と9月に区内の全植物を刈り取って,2度刈りの効果をみる。
⑤選択刈り:6月に区内のススキのみを刈り取って効果をみる。
⑥刈り取りなし:全く刈り取りをしない区。

・刈り取りは地上部10cm程度の部分を機械または手刈りで刈り取ります。
・刈り取り直後に主要種について30個体程度を選び、ビニールテープでマーキングします。
・その後10月まで、毎月草丈の測定をします。


●草の刈り取り実験

その1=6月の刈り取り 6月14日(日)小雨決行 午前10時から12時30分
その2=9月の刈り取り 9月13日(日)小雨決行 午前10時から12時30分

■集 合 乙女高原グリーンロッジ
■持ち物 ある方は軍手 必要な方は弁当,水筒など
■参加費 無料。
 ※刈り払い機使用も大丈夫な保険に加入します(ファンクラブで負担します)。
■問い合わせ・申し込み先 乙女高原ファンクラブ事務局(このメールに返信を)
--------------------------------------------------------------

5.【活動案内】●マルハナバチ調べ隊● 6月28日(日)

 今年も愛くるしく,乙女高原随一のインタープリターであるマルハナバチたちの働きぶりをじっくりと見せてもらいましょう。

■日 時 6月28日(日) 雨天中止 午前10時から午後2時半くらいまで
■集 合 乙女高原グリーンロッジ
■持ち物 弁当,水筒,筆記用具,時計(腕時計や携帯電話の時計で十分です)
■参加費 無料。
■内 容 午前中は調査の説明とラインセンサス調査。午後はまちぶせ調査。
■問い合わせ・申し込み先 乙女高原ファンクラブ事務局(このメールに返信を)

※行事災害保険にはファンクラブで加入します。

※年に3回調査をするマルハナバチ調べ隊は,今年で13年目。
 第1回 6月28日(日)
 第2回 8月 2日(日)
 第3回 9月 6日(日)
 時間やプログラムは今回と同じです。
--------------------------------------------------------------




乙女高原ファンクラブトップ > メールマガジン >  第326号(2015.5.30)        →ページトップ