乙女高原ファンクラブトップ > メールマガジン > 第342号(2016.2.13)



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
    乙女高原ファンクラブ 公認
 乙女高原メールマガジン 第342号
 2016.2.13.
 発行者:植原 彰(乙女高原のある山梨市牧丘町)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ▲▼ もくじ ▼▲
NEW! 0.【ニュースニュース】
NEW! 1.【活動報告】乙女高原フォーラム(1/31)その3
NEW! 2.【活動報告】乙女高原観察交流会(2/06)
    3.【活動案内】乙女高原観察交流会(3/05)
    4.【活動案内】ファンクラブ総会 (3/13)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

0.【ニュースニュース】

●1.(再掲)第15回乙女高原フォーラムでの、いがりさんのギター生演奏をバックにした美しいスミレのスライドショー、とってもよかったですよね。いがりさんのウェブサイト「いがりまさし公式サイト 植物図鑑 撮れたてドットコム」のトップページには、「いがりさんの植物写真スライドショー+いがりさんの曲」ユーチューブ動画がありますよ。フォーラムのあの雰囲気がよみがえりますよ。必見です。http://www.plantsindex.com/

●2.(再掲)フォーラムの様子が山梨CATVで放映されることになりました。2月26日(金)~28日(日)。毎日午後9時から10チャンネルです。山梨市にお住まいの方、お見逃しなく!

●3.(再掲)次回世話人会は3月2日(水)午後7時半から牧丘総合会館です。来年度の活動計画について話し合います。ファンクラブの会員であれば,どなたでも参加できます。ぜひどうぞ。

●4.(再掲)「自然観察と絵本の読み聞かせを神社の境内で」という「おおぞらの下のおはなし会」今回は「さがしてみよう 春はどこかな?」をテーマに、2月28日(日)に行います。笛吹市春日居町の山梨岡神社(国道140号沿いの春日居中学校の向かいを西に)。午前10時から12時。対象は小中学生ですが、小学生未満も保護者同伴ならオッケー。大人も見学ならオッケーです。主催・問い合わせは「おはなしのへや もも」馬場さん080-5046-9436

●5.(再掲)日本自然保護協会(NACS-J)の自然観察指導員講習会というと,自然観察会をする人を養成しようという日本でもっとも老舗の講習会ですが、土日を利用して行われるのが普通です。ですが、このたび、土日に休めない人たちのために平日開催するそうです。宿泊関係や博物館関係など、土日のほうが忙しい方々にとって朗報だと思います。3/22(火)~23(水)の1泊2日。会場は東京都八王子市の八王子セミナーハウス、定員50名、参加費はNACS-J会員の方は24,500円、NACS-J会員ではない方は29,500円(ただし、受講時に22歳未満の方は27,500円)だそうです。募集期間は2/4(木)~2/25(木)必着。詳しくは以下のサイトをご覧下さい。
http://www.nacsj.or.jp/katsudo/shidoin_schedule/2015/03/no5123.html
--------------------------------------------------------------

1.【活動報告】 ●乙女高原フォーラム その3● 1月31日(日)

 いがりまさしさんのお話・後編です。
 キスミレが降水量の多い日本の里山的環境に生息していること、ですが、そのルーツは大陸沿海州の降水量が少ないエリアであるのはなぜか? じつは1万年前は日本の気候は今よりずっと寒冷・乾燥していて、まさに今の大陸沿海州の気候と同じだったという、まるでミステリーの謎解きのような話の続編です。1万年前から気候は温暖化し、今のような気候になったわけですが、そうなってもキスミレが生き残ったのはなぜか? いよいよ、キスミレ最後の謎が解きあかされます。
 なお、お話したのはいがりさんですが、それを文章にしているのは植原です。したがって文責は植原にあります。

◆キスミレと火山の噴火
 さて、温暖湿潤になった日本列島になぜキスミレが残ったのか? 阿蘇のキスミレは山焼きをやめたら、なくなってしまうと言いましたが、それがなぜ今まで残ってきたのか?
 これは火山の話です。地図を出して、九州・鹿児島の桜島の北側の海(湾)をみると、丸く輪になっているのがわかります。じつは、ここは昔、巨大火山の火口(カルデラ)でした。名前を姶良(あいら)カルデラといいます。
 この姶良カルデラが今から2.5万年くらい前に、人類が体験したことのない規模の噴火を起こしました。このときの火山灰が積もった地層が日本中で出てきます。姶良層といいます。姶良層が出れば、そこが2.5万年前であることがわかります。とても重要な地質学上の指標になっています。このへんでも20センチくらい積もったでしょうか。これによって、西日本の植生は一時リセットされたと言われています。とはいえ、一度リセットされても5千年くらいで元に戻るらしいですね。
 その後、喜界カルデラも噴火しました(鹿児島の南に突き出た2つの半島の南、種子島の西、屋久島の北くらいの海上です。隣接して硫黄島や竹島があります。地図で確かめてみてください)。6千年ちょっと前くらいです。皆さんはまだ生まれていませんが、植物の歴史でいうと、つい最近の出来事です。5千年で噴火の影響がなくなるとしたら、まだなくなって千年しかたっていません。このとき、もう縄文時代は始まっていました。九州の縄文文化はこのとき、一時壊滅したのではないかと言われています。皆さんは学校で「縄文時代は3千年前から」と習ったと思いますが、今は違います。最新の研究成果を取り入れて、今は「縄文時代は1万2千年前から」となっています。
 最終氷期のころ、キスミレはこのころ最も栄えたんでしょうね、西日本は今の沿海州と同じように、寒くて雨も雪も降らなかったですね。だいたい今から1万年前に最終氷期が終わりました。そして、キスミレは衰退していくのですが、そのときに喜界カルデラの噴火が起こったんですね。それで、西日本の植生が相当広く破壊されたのですが、それが草原性のキスミレにとってはありがたかったようです。

◆キスミレと縄文人
 ただし、この噴火も6千4百年前ですから、5千年で元に戻るとすると、今頃なくなっていても不思議じゃないですよね。キスミレは衰退はしたけれど、なんとか今まで残ってきたのは、縄文人が活動を始めたからです。
 阿蘇の山焼きはいつ始まったか分からないそうです。少なくとも7百年前には行われていた。ボーリング調査によると、6千年前から頻繁に火災が起こっていたことがわかりました。それ、縄文人がやっていたかどうかはわかりませんが、とにかくだいぶ昔から、山焼きが起こっていました。縄文時代が始まったということは、土器を使っていますから、狩猟採集だとしても、集落を作り始めています。集落ができれば、その周りの森林を定期的に伐採していたはずです。そのときに、日本の里山の原型ができ始めただろうと思われます。喜界カルデラの噴火後、日本列島の自然が森林に戻りつつあり、キスミレが行き場を失いそうだったのですが、そのキスミレが逃げ込んだのが、縄文人の作った里山だったということです。
 愛知県のキスミレの自生地は里山ばかりです。キスミレというスミレは縄文時代から脈々と続いてきた里山文化に支えられて残ってきたのではないかと思います。

 乙女高原もスキー場になる前は茅場だったそうですね。日本の草原というのはほとんど茅場です。阿蘇もそうです。霧ヶ峰の踊り場湿原なんかも、茅場だったからスキー場になれたんですね。最初は里山だったんです。そんな里山の文化が、今日はキスミレのお話でしたが、キスミレだけじゃなくて、大陸系の植物を育んできたわけで、草原はとても大事な場所なんです。もし、日本列島に人間がいなかったら、つまり、人による里山がなかったら、日本の植物の2~3割はなかっただろうと思います。

◆世界のスミレ
 南米パタゴニアのスミレです。南緯40度、標高2000m。大雪山を南米に持っていったようなところです。
 ギリシャのクレタ島のスミレです。こういうのをみると、パンジーとスミレの境は確かにないなという気がします。相当大きく見えますが、タチツボスミレより小さく、ツボスミレより大きいくらい。これは草ではなく、樹木です。クレタ島は地中海沿岸性の気候ですから降水量は相当少ないのですが、クレタ島でもさらに降水量が少ないところに生えています。石がガラガラしているところに生えています。

 中国のスミレです。子どもがスミレをかごに入れて歩いていたので、見せてもらいました。地表とも地中ともいえないところにストロン(匍匐茎)があって、そこに鈴なりに実が付いているのです。スミレの閉鎖花ですね。日本に帰ってから中国植物誌を調べたんですが、こういう形状のミスレは載っていませんでした。ただ、よくみると、これに似たスミレの絵はありました。そのときは分からなかったです。
 翌年、また行きました。この子、じつはお姉ちゃんと二人でスミレを持って歩いていたんです。聞いてみたら、お父さんに頼まれて、薬にするために採っていたといいます。筆談で話をしました。住所も書いてもらったんですが、そしたら「工生所」とありました。中国語で診療所のことです。彼らのお父さんはお医者さんなんですね。診療所で使う薬を作るために、子どもにこのスミレを採りに行かせたということだったんです。
 翌年、そのお父さんに案内してもらいました。そしたら、スミレの花が咲いていました。最初、ニョイスミレかと思いました。よく見たら、違うんですね。地面を掘ってみたら、閉鎖花が地中にありまして、さらに掘ってみると、おもしろいことにユリ根みたいな鱗茎が出てきました。これが発見できたので、名前にたどりつけました。よくみると,その絵には閉鎖花も書いてありました。ただし、ただの点でした。花があっても乾燥標本にしちゃうと、何がなんだかわからなくなってしまって、とりあえず書いておけという感じだったと思います。本文には閉鎖花のことは書いてありません。まだ生態が明らかになっていないスミレかと思われます。
 名前はわかったんですが,このスミレが生えているところというのは、標高がとても高くて、3000~3500mなんですが、どちらかというと里山なんです。中国のこのあたりの里山って、ウシやヤギが放牧されているんです。考えてみれば、この鱗茎があれば、地上部を食われてしまっても、怖くないですよね。しかも、閉鎖花もあります。ウシやヤギの放牧がいつから始まったかわかりませんが、ここにこのスミレがある、または、ここにこの形態のスミレが残ったというほうが正しいのかもしれませんが、放牧と大きな関係があるんではないかと思いました。
 日本にキスミレが残っていることも、中国にこのスミレが残っていることも、皆さんが乙女高原で直面している植生の遷移の問題やシカの問題も、我々が自然のことを考えるのに、とても示唆深いものではないかと思います。
 お話はここまでです。

   ※    ※    ※

・・・そう話し終えると、いがりさんはおもむろにギターのチューニングを始め、生演奏をバックに日本のスミレを紹介するスライドショーが始まりました。皆さん、とてもうっとりと、リラックスしながら、美しい音色を聴きながら、美しい画面に見入っていました。とても贅沢な時間でした。
 いがりさんの音楽に乗って、いがりさんの植物写真のスライドショーを見ることができるサイトがあります。無料です。お勧めですよ。「いがりまさし公式サイト 植物図鑑 撮れたてドットコム」 
http://www.plantsindex.com/

 その後、会場からの質問にいがりさんが答えるQandAのコーナーがあり、マイクを総合司会の商工観光課の網野さんにお渡ししました。宮原ファンクラブ代表世話人のお礼のあいさつ後、内藤ファンクラブ世話人からの諸連絡があり、フォーラムを無事終了しました。

終了後、いがりさんや高槻さんの本にサインをもらう人の長い列ができました。片付け終了後、控室で参加自由の茶話会をしました。28人もの方が参加してくださいました。遠くは長野県の塩尻市や松本市、東京都から大勢、埼玉県さいたま市、神奈川県の小田原市の方もいてびっくり(参加者名簿を見ると、ほかにも神奈川県南足柄市、静岡県静岡市、千葉県千葉市から参加された方もいました)。三枝さん手作りの干し柿がとてもおいしかったです。情報交換のきっかけになるよう、全員に簡単な自己紹介をしていただいたのですが、いやー、世の中いろいろな人がいておもしろいなあと、改めて思いました。

 さて、いつもの年だとこれで解散なのですが、今年は初めての試みとして懇親会もセットしました。電車で帰りやすいように、駅前の飲み屋さんで行いました。10人ほどが集まり、大盛り上がり。いろんな話ができました。来年もぜひやりましょうね!!

 来年のフォーラム準備や運営に活かしたいと思います。ご感想やご意見をぜひお届けください。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------

2.【活動報告】 ●第3回乙女高原観察交流会●2月6日(土)

 雪の中の観察交流会でした。レポートは井上敬子さんが書いてくださいました。

 第3回乙女高原観察会が2月6日(土)に行われた。いつも通り、9時に牧丘の道の駅に集合。今回はいつもの4人に加え、小林さんが参加。小林さんの車で出発。前回1月9日には雪は全くなかったが、1月半ばに降雪があり、その雪がまだかなり残っていた。しかし、柳平までの道路は除雪されていて問題なし。途中、ヤマアカガエルの産卵場所を確認したが、まだ雪があり、カエルも卵も姿はない。柳平から先は除雪されていないが、車の轍の跡があるので、行ける所まで行ってみようという事で焼山峠に向かう。雪道に強い小林さんのレガシーは焼山峠まで行けてしまい、時間的にゆとりができた(注:毎年、乙女高原ファンクラブでは冬季の生態系モニタリング調査をするため、林道の通行許可をいただいています)。

 焼山峠で各自、スノーシューやアイゼンを装着して出発。歩き始めると、早速動物の足跡が目につく。車道の端に続く跡、車道を横切って森の中へと続く跡などあり、これは何の動物か、どっちに進んでいるかなどと道草を食いながら、湿地まで車道を登っていった。テンやキツネ、ウサギの点々と続く足跡、シカが何頭も続いて歩いたり、ガードレールをジャンプして越えた跡、ヤマドリらしき足跡も見かけた。
 湿地の辺りで、カラスがやけに鳴いているので、何か動物の死骸でもあるのかななどと話しながら、遊歩道に入っていくと、動物の足跡がとても多くなる。しばらく行くと何かピンク色に染まった所がある。何だろうと見ると、な、何とシカの死骸がある。お尻の方や目玉が食べられていた。こんな光景を見るのは初めてなので、しばらく観察してから、少し行くとまた死骸を発見。こちらの方がやや古いようで、もう骨が半分くらい見えて、鼻の辺りもなくなっていた。2頭とも雌のシカだった。なぜそこで死んでいたのだろう。そんなことを考えながら、しばらく歩くと乙女高原に到着。

 谷地坊主は綿帽子をかぶっており、草原は真っ白で所々に小動物の足跡が見える。ゆっくり登って来たので、もう昼も近く、ロッジ前で昼食をとる。真冬の高原なのに気温は7℃もあり、風もなく、薄日ながら暖かい。
 昼食後、シカ柵内に入り、草原を展望台まで登り、シカ柵に沿って歩いた。草原の積雪は約20cm。雪はしまって歩きやすい。テンやキツネが草原の中を自由に歩いた跡があり、シカ柵を全く気にせず、出入りしている跡がいくつも見られた。またシカ柵に沿って外側をしばらく歩いてから入ったものもあった。今回シカ柵に沿って歩いてみて、シカ柵内のササには葉があるのに、対照的に外は葉がきれいに食べられている様子も観察でき、早速シカ柵の効果を見ることもできた。

 雪の乙女高原はおもしろい。動物たちの真っ直ぐ歩いて(走って)いる跡、曲がっているもの、ジャンプしたような跡、マーキングなどが残っていて、この動物はここで何をしたのかな、ここで何があったのだろうと想像をかき立てられる。夏にはわからない動物たちの動きが見えてくる。また、誰も歩いていない雪原をスノーシューなどで自由に歩けるのも楽しい。
 ゆっくり草原内を観察し、2時ころ草原を後にして、焼山峠に下る。
 帰りたくないという声も出るとても楽しい観察会でした。
--------------------------------------------------------------

3.【参加募集】●第4回 乙女高原観察交流会●

●3月5日(土)9時 道の駅「花かげの郷 まきおか」に集合→相乗りで乙女高原へ
●乙女高原ファンクラブとしての行事でなく、参加者各自の自主的活動として行うもので、活動に伴う旅費や飲食、傷害保険などすべて自己責任となります。
●途中からの参加や、午前中だけの参加など自由ですが、解散時間の目安は、現地3時、道の駅3時半とします。
●雨天の場合などは現地には行かず、道の駅での交流会にしたり、早めに散会するなど、参加者各自の意思で決めてもらいます。
●参加者は、乙女高原ファンクラブのメルマガメンバーとしますが、お知り合いを同行されることは自由です。
●乙女高原観察を通した交流目的のため、参加者間で情報を共有できるように、乙女高原ファンクラブ世話人会の了承のもと、メルマガなどを利用させていただきます。

※雪が積もっている可能性が非常に高いので、「スノーシュー」「アイゼン」「(スパイク付き長靴)」といった雪(山)用の装備をご持参ください。サングラス、リップクリーム等もあるとよいと思います。
----------------------------------------------------------------

4.再掲【活動案内】 ●2015年度総会●

日 時 3月13日(日)午前10時~(準備は9時半から)
場 所 山梨市牧丘総合会館 3階 大ホール

次 第
1.開会のことば
2.代表世話人あいさつ
3.議 事
 ①2015年度活動報告
 ②2015年度収支決算報告
 ③会計監査報告
 ④2016年度活動計画案
 ⑤2016年度収支予算案
 ⑥その他
4.その他
5.閉会のことば
----------------------------------------------------------------




乙女高原ファンクラブトップ > メールマガジン >  第342号(2016.2.13)        →ページトップ