乙女高原ファンクラブトップ > メールマガジン > 第409号(2019.3.11)


□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■□■□
 乙女高原ファンクラブ 公認
乙女高原メールマガジン第409号 2019.3.11.
 発行者:植原 彰(乙女高原のある山梨市牧丘町)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ▲▼ もくじ ▼▲
NEW! 0.【ニュースニュース】
NEW! 1.【活動報告】2018年度総会    03月10日(日)
NEW! 2.【活動案内】2019年度/年間活動計画
NEW! 3.【活動報告】座談会         03月10日(日)
NEW! 4.【活動案内】乙女高原自然観察交流会 04月06日(土)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

0.【ニュースニュース】
●1.今年度の総会が3月10日(日)午後2時から牧丘支所で開催されました。高木山梨市長さんも来て、あいさつをしてくださり、2018年度の振り返りと2019年度の計画について話し合われました。2018~19年度世話人も無事承認。続く座談会では井上さんから大月の「シオジの森」の活動についてお話いただき、三枝さん、芳賀さん、竹居さんが用意してくださったお茶菓子を食べながら、和やかに話し合いました→1、2、3

●2.2019年度の計画をお知らせします。今のうちに手帳等にメモしておいてくださいね。なお、表形式の方がよければ、ホームページに掲載しています→2

●3.2019年度第1回の世話人会は4月18日、午後7時半から市役所牧丘支所の相談室にて行います。世話人でなくても参加できますので、ぜひおいでください。

●4.2019年度も「乙女高原自然観察交流会」を継続実施することが総会で承認されました。月に一度、継続的に乙女高原の自然を見つめていきましょう。2019年度の第1回は、環境省・日本自然保護協会による「モニタリングサイト1000」のヤマアカガエル産卵調査を兼ねて行います→4

●5.(再掲)乙女高原の活動ではありませんが、植原が自然観察の講師をつとめる「おおぞらの下のおはなし会」が3月17日(日)午前10時から12時まで、笛吹市春日居町の山梨岡神社境内で行われます。自然観察と絵本の読み聞かせのコラボ企画です。参加希望の方は「おはなしのへや もも」馬場さんまで(080-5046-9436)

~フォーラムの報告については、いましばらくお待ちください~
---------------------------------------------------------------------

1.【活動報告】 ●2018年度総会・座談会● 03月10日(日)

 市役所牧丘支所の2階会議室にて行われました。事前に何人もの方が準備に来てくださり、とても助かりました。例年のごとく、準備はあっという間に終わってしまい、先日の乙女高原フォーラムのビデオを時間まで鑑賞しました。
 受付を芳賀さん、司会を三枝さん、写真記録を雨宮さんが行ってくださいました。
 出席者は15人、委任状による参加者は103人でした。
 古屋代表世話人のあいさつに続いて、高木山梨市長に来賓としてごあいさつをいただきました。乙女高原を山梨市の財産として守っていくことはもちろんのこと、子どもたちにこの財産のよさを知ってもらいたいというご発言があり、その通りだなと思いました。未来に生きる子どもたちに乙女高原を伝えていかなければ、乙女高原の自然は維持できません。
 古屋代表世話人の議長により議事が進行されました。
 2018年度活動報告を植原から、2018年度収支決算報告を会計の内藤さんから行いました。会計監査報告は監査役を代表して竹居さんから行っていただきました。事務局植原のミスで、資料に修正が必要でした。ほんとうに申し訳ありません。それでも皆さん、温かく承認してくださいました。
 続いて、2019年度活動計画案、2019年度収支予算案を植原から提案し、承認していただきました。「黄色いスミレ観察会は、季節が早く進んだら、早める必要があるかもしれない」「遊歩道づくりや草刈りが20周年なので、なにか記念になることをするか?」「フォーラムにお呼びしたい講師はいるか?」などが話題になりました。
 世話人の改任では、2019~20年度世話人に、三枝さん、鈴木辰さん、鈴木とさん、芳賀さん、古屋保さん、雨宮さん、井上さん、植原の8人が立候補し、承認されました。新世話人の互選で、代表世話人に古屋保さん(代表の代表)、三枝さん、植原(事務局)が就任しました。一応、ここで2年間の世話人が決まりましたが、随時立候補を受け付けますので、ぜひ、世話人になることをお考えください。

 総会に続いて、座談会では大月の「シオジの森」の活動について、井上さんにプロジェクターにより映像を写しながらお話していただきました→3
----------------------------------------------------------------

2.【活動案内】 ●2019年度/年間活動計画●

永久保存版です!! ぜひカレンダー等に書き写しておいてくださいね。

4/6(土)9:00~乙女高原自然観察交流会①/第6期ヤマアカガエル産卵調査①
定期的に行う自然観察。9:00に牧丘の道の駅に集合し,乙女高原へ。
モニタリング1000(環境省・日本自然保護協会)の一環。

4/21(日)9:00~第6期ヤマアカガエル産卵調査②
乙女高原でのヤマアカガエル産卵調査。9:00に牧丘の道の駅に集合。

5/12(日)9:30~12:30 第20回 遊歩道づくり
草原内の遊歩道づくり。集合は乙女高原グリーンロッジ駐車場。

5/12(日) 13:00~16:00 乙女高原自然観察交流会② /第9期 スミレ観察会その1
乙女高原でのスミレ観察。遊歩道づくりの午後。集合は乙女高原グリーンロッジ駐車場。
スミレフィールドガイドを活用。講師は案内人の依田さん。          

5/25(土)10:00~15:00 第9期 スミレ観察会その2
乙女高原でのスミレ(+コケ)観察。講師は案内人の依田さん。
集合は乙女高原グリーンロッジ駐車場。

6/1(土)8:30~15:30 乙女高原自然観察交流会③/黄色いスミレハイキング
キバナノコマノツメの群落を観察するハイキング。集合は牧丘の道の駅。
乗り合わせて六本楢まで。そこから歩いて現地をめざす。

6/30(日)10:00~14:30第17期マルハナバチ調べ隊1
マルハナバチの観察・調査 乙女高原。午前中はラインセンサス調査。午後は待ち伏せ調査。
集合は乙女高原グリーンロッジ駐車場

7/6(土)10:00~15:00乙女高原自然観察交流会④/谷地坊主の観察会
谷地坊主を作るタニガワスゲの観察など。集合は乙女高原グリーンロッジ駐車場

※市内小学校の自然教室等への支援、乙女高原でのインタープリテーション。

7/27(土)夏のボランティアガイド①

7/28(日)夏のボランティアガイド②

8/3(土)10:00~14:30 乙女高原自然観察交流会⑤/第17期マルハナバチ調べ隊2
定期的に行う自然観察。マルハナバチの観察・調査。
集合は乙女高原グリーンロッジ駐車場

8/3(土)夏のボランティアガイド③

8/4(日)夏のボランティアガイド④

8/10(土)夏のボランティアガイド⑤

8/11(日)夏のボランティアガイド⑥

8/12(祝月)夏のボランティアガイド⑦

9/7(土)10:00~14:30 乙女高原自然観察交流会⑥/第17期 マルハナバチ調べ隊3
定期的に行う自然観察。マルハナバチの観察・調査。集合は乙女高原グリーンロッジ駐車場。

10/5(土)9:00~乙女高原自然観察交流会⑦
9:00に牧丘の道の駅に集合し,乙女高原へ。

11/2(土)9:00~乙女高原自然観察交流会⑧
9:00に牧丘の道の駅に集合し,乙女高原へ。

11/23(祝土)9:30~13:00第20回 乙女高原の草原を守る!
草原の草刈りイベント。藁撒きを継続。送迎バスの運行。
集合は乙女高原グリーンロッジ駐車場。

12/7(土)9:00~乙女高原自然観察交流会⑨
9:00に牧丘の道の駅に集合し,乙女高原へ。

1/4(土)9:00~乙女高原自然観察交流会⑩
9:00に牧丘の道の駅に集合し,乙女高原へ。

1/26(日)13:00~15:30第19回 乙女高原フォーラム
講演等。夢わーく山梨。テーマ:???,  講師:???

2/1(土)9:00~乙女高原自然観察交流会⑪
9:00に牧丘の道の駅に集合し,乙女高原へ。

3/7(土)9:00~乙女高原自然観察交流会⑫
9:00に牧丘の道の駅に集合し,乙女高原へ。

3/15(日)14:00~17:00 2019年度 定期総会と座談会
事業・予算の承認など。懇親を兼ねた座談会。牧丘支所。

~今年も乙女高原でお会いしましょう~
----------------------------------------------------------------

3.【活動報告】 ●・座談会● 03月10日(日)

 2018年度総会に引き続いて座談会が行われました。前半は、大月のシオジの森の活動について、井上敬子さんが映像を映しつつ報告してくださいました。後半はおいしいお茶菓子をつつきながら、自由に「座談」をしました。では、「シオジの森」の報告です。

※以下、植原がICレコーダーに録音したものをまとめたものです。よって文責は植原にあります。

・小金沢シオジの森は大月市の北にあり、相模川水系・葛野川の源流部です。山梨百名山の雁ケ腹摺山の山麓です。500ヘクタールくらい。
・カラマツ人工林やシオジ以外にもブナやミズナラの天然林があります。特に沢沿いにシオジの林があり、そこを中心に活動しています。
・沢沿いに群生するシオジの大木は珍しく、学術参考林に指定れています。シオジはモクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹で、高木になります。複葉の葉を持ち、材は家具やピアノに使われます。日光東照宮や両国橋の建築にこの周辺の木が活用されたんだそうです。
・シオジ森の学校は2006年に創設され、モットーは「森に遊び、森に学び、森を育てる」です。子どもたちに森の恵みなどを知ってもらいたくて活動しています。
・子どもたちを中心に一般の方々にも呼びかけて活動しています。林業関係者、教育関係者などが関わっています。都留文大や昭和大も関わっています。
・活動は大きく4つ。
 1)「森と出会う」 トレッキングやキャンプ、自然観察会 など
 2)「森を調べる」 動植物の生態調査
 3)「森を育てる」 育苗・植樹・下草刈り・間伐   などの林業体験
 4)「森の恵みを活かす」 間伐材や枯れ枝な   どを活用したクラフト
・4月にオープンキャンパスをします。学校の様子を紹介し、お招きした講師の方から森のお話をお聞きしました。その後、いろいろなプログラムをするのですが、たとえば積み木を使ったプログラムをしています。今年度の生徒数は40名くらいだったそうです。子どもは1/3くらいだったそうです。
・シオジの森を歩こう(自然観察)では実際にハイキンイグします。シオジとサワクルミはよく似ているのですが、ハイキングコースの入り口に2本、ちょうどあるので、そこで説明します。カツラもシオジに感じがよく似ています。
・夏休みに、自由研究にも使えるようにパックテストによる水質検査もしました。調査結果は富士山の湧き水と同じくらい良好でした。
・土壌動物も調べました。
・小学生や高校生が参加しました。
・探鳥会も行いました。コマドリ、オオルリ、ミソサザイなど囀りがきれいな鳥がたくさんいます。
・トレッキングは春・秋と2回行っています。
・シオジの植樹もしています。40本行いました。シカが食べてしまうので、ネットをかぶせました。以前植えたところでは間伐も行いました。
・ロケットストーブを作り、それを使ってごはんと味噌汁を作る活動もしました。ロケットストーブは燃焼効率がよく、災害時も使えます。
・年に一度、毎木調査をしています。シオジの胸高直径と位置を記録しています。昨年は都留文大の学生がやってくれました。グラフ化すると中径木が多く、大径木と小径木が少なくなっていました。
・その他、動物、植物の調査をしてフィールドマップを作成したり、シオジの苗木を育てて植樹したり、間伐した枝などを使って作品づくり(椅子)をしたり、キャンプの中でバームクーヘンづくりやムササビ観察、水遊びをしたりしました。花暦は作成中です。
・児童数の減少により、子ども向けプログラムにあまり子どもが集まらないのが大きな課題です。(大月市全体で1年生が100人しかいない)
・地表を覆っていたスズタケが枯れて、森の様子が変わってきています。台風の影響もありますが、森が明るくなった印象があります。シカの食害がいっぱいあって、それから森を守る方策が必要だと思います。
・シオジの森にぜひおいでください。
----------------------------------------------------------------

4.【活動案内】 ●乙女高原自然観察交流会● 04月06日(土)

※今年度最初の交流会です。

■月 日 4月6日(土) 
■集 合 午前9時 道の駅 はなかげの郷牧丘(国道140号沿い)
     乗り合わせて乙女高原に向かいます。
■持ち物 弁当,水筒,あとは観察用具。標高が高いので防寒着も用意してください。
■参加費 無料。

  ■乙女高原観察交流会■
●乙女高原ファンクラブとしての行事でなく、参加者各自の自主的活動として行うもので、活動に伴う旅費や飲食、傷害保険などすべて自己責任となります。
●途中からの参加や、午前中だけの参加など自由ですが、解散時間の目安は、現地3時、道の駅3時半とします。
●雨天の場合などは現地には行かず、道の駅での交流会にしたり、早めに散会するなど、参加者各自の意思で決めてもらいます。
●参加者は、乙女高原ファンクラブのメルマガメンバーとしますが、お知り合いを同行されることは自由です。
●乙女高原観察を通した交流目的のため、参加者間で情報を共有できるように、乙女高原ファンクラブ世話人会の了承のもと、メルマガなどを利用させていただきます。

※今年度の予定
①04月06日(土)集合:09:00・道の駅  兼:ヤマアカガエル産卵調査
②05月12日(日)集合:13:00・乙女高原 兼:スミレ観察会
③06月01日(土)集合:08:30・道の駅  兼:黄色いスミレ観察会
 (スミレの開花状況によっては前倒し実施するかもしれません。メールに要注意)
④07月06日(土)集合:10:00・乙女高原 兼:谷地坊主観察会
⑤08月03日(土)集合:10:00・乙女高原 兼:マルハナバチ調べ隊
⑥09月07日(土)集合:10:00・乙女高原 兼:マルハナバチ調べ隊
⑦10月05日(土)集合:09:00・道の駅
⑧11月02日(土)集合:09:00・道の駅
⑨12月07日(土)集合:09:00・道の駅
【2020年】
⑩01月04日(土)集合:09:00・道の駅
⑪02月01日(土)集合:09:00・道の駅
⑫03月01日(土)集合:09:00・道の駅
----------------------------------------------------------------






乙女高原ファンクラブトップ > メールマガジン >   第409号(2019.3.11)        →ページトップ