乙女高原ファンクラブトップ > メールマガジン > 第441号(2020.11.15)


□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■□■□
 乙女高原ファンクラブ 公認
乙女高原メールマガジン第441号  2020.11.15.
 発行者:植原 彰(乙女高原のある山梨市牧丘町)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ▲▼ もくじ ▼▲
NEW! 00.【重要】草刈りボランティアを開催するかしないかの判断について
NEW!  0.【ニュースニュース】
NEW!  1.【生物紹介】キシャヤスデ
     2.【活動案内】第21回草刈りボランティア  11月23日(月・祝)
     3.【活動案内】乙女高原自然観察交流会   12月05日(土)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■



00.【重要】草刈りボランティアを開催するかしないかの判断について

ここへきて、全国的にも山梨県内でもコロナ感染が急激に拡大しています。

幸い山梨市は落ち着いている状況ですが、いつ、この状況が変わるかわかりませんし、草刈りボランティアには山梨市外の方も多く参加されます。開催に不安をお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、先日の乙女高原連絡会議で、「草刈りボランティアをやるか・やらないか-は11月17日(火)に最終判断をする」ことが決まりました。ですから、遅くとも翌18日(水)にはホームページ(トップページ)に「やるかやらないか」の情報を載せます。
http://fruits.jp/~otomefc/

開催情報をお見逃しないよう、よろしくお願いします。



---------------------------------------------------------------------

0.【ニュースニュース】

●1.山梨市駅前の「街の駅やまなし」にて、乙女高原の常設展をしていますが、今はシーズン24「乙女高原の花」展を開催中です。こんな時(コロナ禍)だからこそ、美しい花を見て、心を癒してほしいという願いを込めました。
 コロナ禍の今後の状況によって開催不可になるかもしれませんが、来年3 月には乙女高原ファンクラブ20周年を記念した、大掛かりな展示会を予定しています。パネル10枚を使う大規模なものです。この展示会には受付係が常駐する必要があります。ご都合がつく方には、ぜひご協力いただきたいと思います。詳しいことが決まりましたら、お知らせします。

●2.もう一つ、乙女高原ファンクラブ20周年を記念して、乙女高原の自然保護活動の歴史について、このメールマガジンで連載していきたいと考えています。今は休刊になってしまいましたが、農文協の雑誌「食農教育」にウエハラが連載したものをベースに加筆修正していきます。「食農教育」は隔月誌でした。連載は「見つめて守る ぼくの自然日誌」というタイトルで、2003年5月号から2006年3月号まで続きました。乙女高原のことを書いたのは2004年9月号から2006年1 月号までの9本です。乙女高原ファンクラブが発足する前のことも書いていきますので、楽しみにしていてくださいね。

●3.…ということで、来年4月22日、乙女高原ファンクラブは設立20周年を迎えます。「自然を守る活動」に終わりはありません。自然も社会も変わり続けているので、「これで分かった」とか「これでおしまい」ということがないのです。今回のコロナ禍のような状況でも、細々とでもいいから、とにかく「続ける」ことが一番大切だと思います。とはいえ人の生涯には限りがありますから、「続ける」ためには「世代交代」が必要です。
 そんなことから、乙女高原ファンクラブの世話人は2年ごとに改任しています(再任はもちろん可)。今年度末(来年3月の総会)は世話人改任の時期です。乙女高原ファンクラブはボランティアの会なので、世話人改任は「立候補→総会で承認」という手順を踏みます。乙女高原の自然を次世代に引き継ぐため、ぜひ立候補をよろしくお願いします。このメールに返信で結構です。

●4.「乙女高原の写真屋さん」古屋さんの写真展が開催中です。12月27日まで。場所は写真工房「光」ギャラリー、「国道140号『牧丘トンネル南』交差点より県道206号を窪平方面へ約550m。若月歯科手前を右折してすぐ」、連絡先は0553-35-3052「ご来廊の際はご連絡をお願いします」だそうです。
---------------------------------------------------------------------

1.【生物紹介】●キシャヤスデ●

 キシャヤスデという生き物をご存じですか? 漢字で書くと、汽車馬陸。汽車は蒸気機関車のこと。では、馬陸(ヤスデ)は? ムカデと似た、体が細長くて、足がたくさん付いている虫です。陸上に住む節足動物の中では、一番最初に陸上に進出した、記念すべき生き物だそうです。ムカデは一つの節の両側に1本ずつ計2本ずつの足が出ているのに対し、ヤスデは2本ずつ計4本ずつという違いがあります。ムカデは動きが速く肉食系、ヤスデはおっとりしていて草食系です。
 実は、小学生のころから、ウエハラはキシャヤスデという生き物の存在を知っていました。小学館の「昆虫の図鑑」に、蒸気機関車の図とともにキシャヤスデが紹介されていました。何年かおきに大発生し、その時は小海線のレールの上もたくさんのヤスデが這いまわって、それを汽車の車輪が踏みつぶし、ヤスデから出た油で車輪がすべって汽車が走れなくなったこともあるそうで、それで名前に汽車が付いているそうです。その話がとても強烈で、今でも覚えているというわけです。

 さて、乙女高原案内人・世話人の井上さんから次のようなメールをいただきました。

〇〇10月の乙女高原観察交流会の時、小楢山林道に茶色いムカデのような虫がたくさんいましたよね。あれはキシャヤスデというそうです。8年毎に現れるのだそう。それまでの7年間は土の中にいるそうです。昔、小海線に大発生して、線路にいるヤスデを汽車が踏みつぶして、滑って汽車がストップしてしまったことがありました。それでキシャヤスデ?でも正式名称だそうです。大月のシオジ森の学校のイベントがようやく再開されて、昨日、久々に参加しました。森の中にはあのヤスデがたくさんいて、先週はその研究をしている人が来て、子どもたちと虫の観察をしたのだそうです。枯葉を食べて森を豊かにしてくれる生き物だそうです。8年目に現れたと思うとちょっといとしくなります。登山道や苔むした岩や木にたくさんいて、踏みつぶさないように気を遣いました。皆さんの観察している野山にも現れているのでしょうか?〇〇

 自分も今年のキシャヤスデの発生には気づいていました。以前、「観察ブログ」にキシャヤスデの写真をアップしたことを思い出し、そのURLを井上さんに伝えました。
https://blog.goo.ne.jp/otomefc/e/ef32606a97e0452c3406433d81bad7b1

 そうしたら、井上さんから返信が来ました。

〇〇添付していただいたキシャヤスデの画像は2012年ですね。今年は2020年、やっぱり8年後だったのですね。〇〇

 そして、昨日、たまたま高槻先生からいただいた宿題を調べていて、『乙女高原大百科』(実費2,000円で好評発売中!)を読んでいたら、105ページにキシャヤスデの写真を見つけました。日付を見ると、2004年9月30日。観察ブログの2012年は、やっぱり8年後です。

 そうなると、次のキシャヤスデの大発生は2028年。自分は〇〇歳(!)。少なくともそれまで乙女高原ファンクラブの活動を続けないとキシャヤスデに申し訳ないな…と思いました。
---------------------------------------------------------------------

2.【活動案内】●第21回 草刈りボランティア● 11月23日(月・祝)


 「草刈りボランティアをやるか・やらないか」は11月17日に最終判断をします。遅くとも翌18日 にはホームページ(トップページ)に「やるかやらないか」の情報を載せますので、開催情報をお見逃しないよう、よろしくお願いします。


 もし、行うとしたら、コロナ感染拡大防止のため、規模を縮小して行います。


◎コロナ対策で規模等を縮小して、できる範囲で草刈りを行う。
◎半日開催(昼食をとるのは自由。密を避けて)

・11月23日(月・祝)。荒天の場合29日(日)に延期予定

〇コロナ感染対策として、ご面倒でも以下の件をよろしくお願いします。
・当日朝、自宅で検温してください。
 平熱から1度を超える発熱や風邪症状がある場合は参加を見送ってください。
・集合時にも検温させていただきます(非接触型体温計)
・参加者名簿にお名前・連絡先を記入していただきます。
・マスクをご用意ください。
・人と人の間隔を十分に空けられ(1-2m)、しゃべらない場合はマスクを外せることとします。
・できるだけ厚生労働省の接触確認アプリをご利用ください。

●ちらしは作らず、マスコミによる告知も控えています。
 参加者が少なくなりすぎる可能性があります
 メールマガジンを読まれた方はできるだけ参加をお願いします

●作業の重点
 ①とにかく草を刈る 
 ②遊歩道へ敷き入れる
 ③旧谷地坊主遊歩道の急坂への敷き入れをしっかり行う。
----------------------------------------------------------------

3.【活動案内】●乙女高原自然観察交流会● 12月05日(土)

・雨や雪の場合、決行するか中止するかは連絡しません。
 各自でご判断ください。
・集 合 午前9時 牧丘の道の駅集合
・持ち物 弁当,水筒等をご用意ください。
     帰りの時間は、集まったメンバーで協議して決めます。

 【乙女高原観察交流会 覚書】scince2015.12
●乙女高原ファンクラブとしての行事でなく、参加者各自の自主的活動として行うもので、活動に伴う旅費や飲食、傷害保険などすべて自己責任となります。
●途中からの参加や、午前中だけの参加など自由ですが、解散時間の目安は、現地3時、道の駅3時半とします。
●雨天の場合などは現地には行かず、道の駅での交流会にしたり、早めに散会するなど、参加者各自の意思で決めてもらいます。
●参加者は、乙女高原ファンクラブのメルマガメンバーとしますが、お知り合いを同行されることは自由です。
●乙女高原観察を通した交流目的のため、参加者間で情報を共有できるように、乙女高原ファンクラブ世話人会の了承のもと、メルマガなどを利用させていただきます。

※今後の予定
⑩01月09日(土)09:00~ 牧丘の道の駅集合
⑪02月06日(土)09:00~ 牧丘の道の駅集合
⑫03月06日(土)09:00~ 牧丘の道の駅集合
---------------------------------------------------------------




乙女高原ファンクラブトップ > メールマガジン > 第441号(2020.11.15)  →ページトップ