乙女高原ファンクラブトップ > メールマガジン > 第483号(2022.7.26)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 乙女高原ファンクラブ 公認
乙女高原メールマガジン第483号  2022.7.26.
  発行者:植原 彰(乙女高原のある山梨市牧丘町)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ▲▼▲ もくじ ▼▲▼
NEW! 0.【ニュースニュース】
NEW! 1.【活動報告】遊歩道の草刈り    7月23日(土)
NEW! 2.【活動報告】夏の案内活動     7月24日(日)
    3.【活動案内】夏の案内活動
    4.【活動案内】マルハナバチ調べ隊  8月06日(土)
    5.【活動案内】花と昆虫のリンク調査 8月11日(木・祝)
    ■観察交流会年間計画
    ■「街の駅やまなし」乙女高原展
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


0.【ニュースニュース】

●1.去年から「ヤナギランの株が増えたね」と話題になっていましたが、今年、ヤナギランがすごいことになっています。群落になっています。ヤナギランが少なくなって20年、たくさんの花が群落として見られなくなってからだと30年くらいは経っていると思います。双眼鏡で見ると、次から次へとマルハナバチが花を訪れています。完全復活!!といった感じ。あまりにもうれしかったので、今日も乙女高原に行って、花の数を数えてみました。昔参加した、やまなし野鳥の会(日本野鳥の会山梨支部)のガンカモ・カウントの経験が役立ちました。遊歩道を歩きながら、双眼鏡を使って数えてみたら815株でした。これから蕾を作って咲くだろう株もいっぱいありましたし、背の低い株は見落としてしまいます。ですから、この数字は最低限と思っていたほうがいいと思います。
ヤナギランの群落の写真はこちら
 https://blog.goo.ne.jp/otomefc/e/b6f44eeff824d0d52a5c7f3419220ab8

●2.7月23日(土)、遊歩道内の草刈り作業を行いました。参加くださった皆様、ご苦労様でした。ありがとうございました。お蔭様で、遊歩道がとても歩きやすくなりました→1
 https://blog.goo.ne.jp/otomefcact/e/fb0d122d2a71fdcde8bb1c0f259a153a

●3.同じく7月23日(土)から、乙女高原案内人による「夏の案内活動」が始まりました。7月23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)、8月6日(土)、7日(日)、11日(木/祝)の七日間です。グリーンロッジの庭に、露天商のようなブースを設け、そこでパンフレットやちらしを配ったり、咲いているお花の説明をしたりしています。コロナ感染拡大が続く中なので、親密に草原を案内することは難しいですが、お互いに距離を取った上で、声をおかけください➝2
 https://blog.goo.ne.jp/otomefcact/d/20220724

●4.人気の女優・杉咲花さん、やっぱり牧丘に来ていたようです。杣口奥のサワラ林です。杉咲さん演ずる主人公が花屋のバイトでコケのテラリウムにハマるのですが、藤原季節さん演ずる彼が「自然に生えているコケを見に行こう」と誘って訪れるのがここ。確かにサワラの巨木の根もとに、大きな石がごろごろしていて、その全てが、じゅうたんのようなコケに覆われています。じつは私の好きな場所の一つでもあります。
 7月12日のNHKドラマ10(テン)「プリズム」をビデオ撮りし、それをテレビで確認しながら、サワラ林で撮っただろう場面をスマホで撮り、それを持ってサワラ林に行きました。そして、場所を特定しました。以下ブログをご覧ください。「この木の根元に二人で座り、コケの話とかしたのかあ」
 https://blog.goo.ne.jp/otomefcact/e/00f3ff27919ba3855d5ef946e49a585a

●5.今年で20年目を迎えた「マルハナバチ調べ隊」の8月の調査を8月6日(土)に行います。夏は草原にたくさんの花が咲き乱れますから、たくさんのマルハナバチが迎えてくれます。調査用紙は、書いた本人に持ち帰ってもらいます。ですから、別の日に家族で来て、もう一度同じ調査をして、その結果と調べ隊の日のデータを比べたら・・・子どもたちの「理科の自由研究」にぴったりだと思います。参加希望の方は、このメールに返信をお願いします→4

●6.今年4回目の「花と昆虫のリンク調査」を8月11日(木・祝)に行います。雨だったら翌8月12日(金)です。「自然の調査とはこういうもの」が実感できる調査です。夏休み中のこともあり、小学生・中学生・高校生・大学生にもぜひ参加してもらいたいなと思います。夏で花の種類も数も多く、訪れる昆虫も多いことが予想されるので、調査人数が多く必要になります。ぜひご参加ください➝5

●7.週末を中心に7日間の「夏の乙女高原案内人の活動」の日を設定しています。午前10時から午後3時くらいまでいていただき、訪れた方にフィールドガイドをお渡ししたりする「ボランティア・ガイド活動」です。1日でも、短時間でも「夏の案内活動」に参加していただけたら、ありがたいです。例年の活動では、来た方と一緒に草原内を歩きながら案内する・・・といったこともやっていたのですが、コロナ感染が拡大していますので、そこまではやりません。都合のつく方は、ぜひこのメールに返信をください➝3

●8.案内活動のプロモーション動画(!!)を角田さんが作ってくださいました。
 https://youtu.be/CVg5XJS4AYU

●9. (再掲)「乙女高原に最も近い小学校」である笛川小学校では、毎年、5年生が総合学習の一環として乙女高原での自然観察学習を行っています。5年生は27人。実施日は9月2日(金)で、雨天の場合6日(火)になります。午前のみです。子どもたちはスクールバスで乙女高原まで来る予定です。この乙女高原自然学習のお手伝いをしていただける方を募集しています。希望の方は、このメールに返信をお願いします。
 なお、3年前の学習の様子をブログで紹介しています。昨年も一昨年もコロナで…。
 https://blog.goo.ne.jp/otomefcact/e/58804a3068bf80904a7a68beb8273465

●10. (再掲)2022年度第3回の乙女高原連絡会議兼乙女高原ファンクラブ世話人会は9月15日(木)午後7時から、山梨市役所牧丘支所の1階相談室です。ご都合の付く方は覗いてみてください。

●11.(再掲)街の駅やまなしでの乙女高原展シーズン31「乙女高原のマルハナバチ」開催中です。イベントちらしや入会パンフレットもあります。山梨市駅近くにおいでの際は、覗いてみてください。
 https://blog.goo.ne.jp/otomefcact/d/20220609

●12.ウエハラが16年に渡って続けている「お宮での観察会&読み聞かせの会」、次回は8月3日(水)19:00-20:30。場所は笛吹市春日居町の山梨岡神社。テーマは「夏の夜遊び」。アブラコウモリの声を聞いたり、アブラゼミの羽化を観察する予定です。申し込みやお問い合わせは「おはなしのへや もも」馬場さん080-5046-9436。


※乙女高原ファンクラブ2022年度活動計画
 http://fruits.jp/~otomefc/2007schedule.html

-------------------------------------------------------------------------


1.【活動報告】●遊歩道の草刈り● 07月23日(土)

 この時期、草の伸びはすごいもんです。草にこれだけの成長力があるからこそ、アフリカのサバンナでたくさんの大きなけものたちの胃袋を満たせるのでしょうね。
 でも、こう伸びられたら、遊歩道を歩く人たちにとっては大迷惑。とくに、小さな子どもたちは大変です。おまけに主力はススキ。ススキの葉の両側にはガラス質の「歯」が付いているので、歩くだけでもチクチクするし、触って、スルッと手を滑らせたら、それだけで手が切れてしまうこともあります(ま、そうやってススキは草食動物から身を守っているんですけどね)。
 それで、毎年、夏休み前に遊歩道内だけを草刈りすることにしています。

 9時から開始する予定でしたが、私が8時半にロッジに着いたら、すでに刈り払い機のエンジン音が草原に響いていました。参加者は全部で9人でした。
 刈り払い機をお持ちの方には、遊歩道内の刈り払いをお願いしました。ロッジの建物のまわりや駐車場、林道の道端の草刈りもしました。あっというまに遊歩道がきれいになりました。作業が終わった遊歩道を歩くと、思わず顔がほころんでしまいます。というのも、作業をした人の「ひいきの草花」がきれいに刈り残されているのです。刈り取ってしまうのが、忍びなかったのでしょうね。そういう私もオミナエシとモリアザミとヤマトリカブトを刈り残してしまいました。すみません。
 刈り払い機をお持ちでない方には、遊歩道ロープに開花時期を迎えた植物のカードを吊るしたり、咲き終わった植物のカードを取り外したりしてもらいました。草原内10か所に、草原に咲いている植物を簡単に紹介するカードが吊るしてあります。カードですから取り外しがききます。ですから、咲いている植物のカードだけ吊るすようにしています。
 草原内の外来種を抜き取る作業もしていただきました。特にシカ柵が設置されてから、中の外来種が増えたように思います。きっとシカたちは外来種も食べていたのでしょうね。おもにヒメジオンです。これは花を付けているので、わかりやすいです。あと、アレチマツヨイグサも抜きました。こちらはまだ花を付けていないので、探すのがたいへんだし、慣れないと間違いやすいかもしれません。測ったら、生重量が22.2kgでした。翌日も抜き取ったので、それも合わせると計25.7kgです。

 終了後、有志でお昼を食べました。
 この日は「夏の案内人活動」初日でもありました。午後、角田さんが残って、乙女高原を訪れた方々にお花のパンレットを渡しながら、少しお話をしていました。

※遊歩道草刈りのブログはこちら
 https://blog.goo.ne.jp/otomefcact/d/20220723

-------------------------------------------------------------------------


2.【活動報告】●乙女高原案内人・夏の案内活動●

 7月23日(土)、案内活動の初日は角田さんが引き受けてくださいました。
 二日目の24日(日)はウエハラが当番でした。案内活動の具体がどうなのかレポートします。「これだったらできる」と思われたら、ぜひ立候補をお願いします。今年はコロナ感染急拡大の中での活動ですので、「乙女高原に来た人にお花のパンフレット勧める」という活動がほぼすべてになります。「一緒に歩いて、お花の説明をする」といったことはできないので、かえって、どなたでも活動できるのかなと思います。

 活動開始の目安は10時なので、9時半ころに草原に着くよう、弁当を作って家を出発しました。ところが、途中でヤマユリの大きな花がきれいに咲いているのを見つけてしまいました。昨日は見ていませんから、昨夜、咲き始めたのだと思います。道路脇の崖でした。崖にフェンスが張ってあり、フェンスのすきまから茎が伸びていました。そんなところなので、シカに食べられずに大輪の花を咲かすことができたのだと思います。そんなことを「察し」ながら、写真を撮っていたら、遅れてしまいました。スミマセン。下はヤマユリの写真。
 https://blog.goo.ne.jp/otomefc/e/b13dcef1ec315de61a1517216f684f6f

 案内活動で使うグッズは乙女高原グリーンロッジの中です。この建物はもう使われていませんが、ファンクラブの備品等の保管場所、豪雨等の際の緊急避難場所として特別に使わせていただいています。
 グッズは持ち運びが便利なように買い物かご2つに収められています。それと、アウトドア用のテーブルと椅子を持ち出し、ロッジの庭にセットしました。あとは、椅子に座って、来る人を待てばいいわけです。

 待ち時間用に雑誌も持ってきていましたが、せっかく乙女高原まで来て本を読むのももったいないし、自分は都合で8/6のマルハナバチ調べ隊には参加できないので、一足先に「マルハナバチのラインセンサス調査」をすることにしました。1時間かけて、いつものコースを歩いたところ、93頭のマルハナバチを観察することができました。すごい数です。写真も撮りまくりました。

 大満足の調査から戻ると、何組か「お客さん」が来ていました。「乙女高原のお花のパンフレットがありますが、お渡ししましょうか?」と問いかけると、「ありがとうございます。いただきます」という答え。それがきっかけで会話が弾むこともありました。野外だし、距離が十分あれば、大丈夫です。

 お腹もすいてきたので、案内用のテーブルでお昼を食べました。テーブルにちっちゃなお客さんが来ました。ゴマダラオトシブミです。

 午後からは、草原内に入って外来種を抜き取る作業を行いました。遊歩道を歩いている方に誤解のないよう、「調査中」の腕章を付けて行いました。いつもは絶対に入らない草原です。見逃している植物はないか、ススキにカヤネズミの巣はないかなど、外来種以外にも目を光らせながら、かといって、できるだけ草花を踏まないように、ゆっくりと、そっと、歩いていきました。遊歩道沿いでは見つからなかったカワラマツバを見つけることができましたが、カヤネズミの巣はありませんでした。

 この日は結構雑用もやりましたよ。百葉箱周辺の草を刈りました。ロッジ玄関の「掲示板」に、新たに咲き始めたお花のカードを貼りました。
 ロッジのホールのそうじもしました。昨日は遊歩道の草刈り作業日だったので、それに合わせてロッジの窓を全部開け放して、風を通しました。そうしたら、アブたちがこれでもかというくらい入ってきて、天井の窓からブンブン羽音が聞こえていました。そのアブたちが1日たって、ホールの床に落ちてきたのです。おびただしい数でした。ほうきで掃きました。
 最後に案内人活動の日誌を書いて、グッズをロッジ玄関にしまって、この日の案内活動を終えました。
 いやー、風呂が心地よかったし、夕食のビールのおいしかったこと。

※案内活動のプロモーション動画(!!)を角田さんが作ってくださいました。
 https://youtu.be/CVg5XJS4AYU

※案内活動のブログは以下
 https://blog.goo.ne.jp/otomefcact/d/20220724

-------------------------------------------------------------------------


3.【活動案内】●乙女高原案内人・夏の案内活動●

済①7月23日(土)
済②  24日(日)
 ③  30日(土)
 ④  31日(日)
 ⑤8月 6日(土=マルハナバチ調べ隊と同日)
 ⑥   7日(日)
 ⑦  11日(木/祝=花と昆虫のリンク調査の日)

 以上の7日間です。午前10時ころから午後3時ころまでを想定していますが、1日全部でなくても、都合のつく時間で来ていただければと思います。乙女高原案内人に限らず、「乙女高原の自然を伝えることで守ることに貢献したい」という方は、ぜひ立候補してください。コロナ感染が急速に拡大しているので、フィールドガイド等を来られた方に配るだけで十分です。

 全日程、当番が決まりましたが、当番の人数が少ない日もありますので、立候補をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------


4.【活動案内】●マルハナバチ調べ隊~盛夏編● 08月06日(土)

■日 時 08月06日(土) 雨天中止 午前10時から午後2時半くらいまで
■集 合 乙女高原グリーンロッジ
■持ち物 弁当,水筒,筆記用具,時計(腕時計や携帯電話の時計で十分です)
■参加費 無料。
■内 容 午前中は調査の説明とラインセンサス調査。午後はまちぶせ調査。
■問い合わせ・申し込み先 乙女高原ファンクラブ事務局(このメールに返信を)

※行事災害保険にはファンクラブで加入しています。

  【今年のマルハナバチ調べ隊】
済・盛夏編 06月26日(日) 女王バチが見られる…かも
次・盛夏編 08月06日(土) たくさんの働きバチ
  初秋編 09月03日(土) 超レアなオスバチが見られる…かも

------------------------------------------------------------------------


5.【活動案内】 ●「花と昆虫のリンク」調査● 08月11(木・祝)

 遊歩道を歩きながら、「花」に「昆虫」が花粉や蜜目当てに「来て」いたら、それを記録するという調査です。指導と結果のまとめは元麻布大学教授の高槻さんです。花と昆虫がつながりあっていることが実感できる調査です。
 なお、雨が降ったり、気温が低かったりしたら、昆虫が活発でなくなり、調査ができません。中止になります。希望する方はできるだけ事前に申し込んでください。変更になる場合は連絡します。

 【今年の調査予定】
済・第1回 5月28(土)
済・第2回 6月18(土)
済・第3回 7月 3(日)
次・第4回 8月11日(木・祝)  予備日 8月12日(金)
  第5回 9月 未定、予備日 未定

調査時間 9:40ころから15:00ころまで。
持ち物 弁当・水筒・帽子・時計・できたらカメラ。

※第1回調査の様子…高槻さんのブログ
 https://blog.goo.ne.jp/naturetaka1212/e/65450c953a4c075dbd740c9b3e290426
※第2回調査の様子…高槻さんのブログ
 https://blog.goo.ne.jp/naturetaka1212/e/c64fd68fdefbbdfb931cd083c67e7de9
※第3回調査の様子…高槻さんのブログ
 https://blog.goo.ne.jp/takahome12/e/8c621f0d3a9ab38aefccc37f7d66150b

---------------------------------------------------------------------


 ■乙女高原観察交流会■

●乙女高原ファンクラブとしての行事でなく、参加者各自の自主的活動として行うもので、活動に伴う旅費や飲食、傷害保険などすべて自己責任となります。
●途中からの参加や、午前中だけの参加など自由ですが、解散時間の目安は、現地3時、道の駅3時半とします。
●雨天の場合などは現地には行かず、道の駅での交流会にしたり、早めに散会するなど、参加者各自の意思で決めてもらいます。
●参加者は、乙女高原ファンクラブのメルマガメンバーとしますが、お知り合いを同行されることは自由です。
●乙女高原観察を通した交流目的のため、参加者間で情報を共有できるように、乙女高原ファンクラブ世話人会の了承のもと、メルマガなどを利用させていただきます。


※今年度の予定

済①04月02日(土)集合:09:00・道の駅  兼:ヤマアカガエル産卵調査
済②05月15日(日)集合:13:00・乙女高原 兼:スミレ観察会
済③06月04日(土)集合:08:30・道の駅  兼:黄色いスミレ観察会
済④07月02日(土)集合:10:00・乙女高原 兼:谷地坊主観察会

次⑤08月06日(土)集合:10:00・乙女高原 兼:マルハナバチ調べ隊
 ⑥09月03日(土)集合:10:00・乙女高原 兼:マルハナバチ調べ隊
 ⑦10月01日(土)集合:09:00・道の駅
 ⑧11月12日(土)集合:09:00・道の駅  兼:草刈り準備
 ⑨12月03日(土)集合:09:00・道の駅
   【2023年】
 ⑩01月07日(土)集合:09:00・道の駅
 ⑪02月04日(土)集合:09:00・道の駅
 ⑫03月04日(土)集合:09:00・道の駅

---------------------------------------------------------------------


  ■「街の駅やまなし」乙女高原展■

中央線山梨市駅すぐ北(北口から出て、すぐの信号を渡り、北に向かって歩いてください。郵便局の北です)の「街の駅やまなし」には常設の乙女高原コーナーがあります。
 https://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/citizen/docs/yamanashi_02.html

現在、シーズン31「乙女高原のマルハナバチ」の展示をしています。
 https://blog.goo.ne.jp/otomefcact/d/20220609

--------------------------------------------------------------------



※「乙女高原メールマガジン」は希望する方に無料で配信しています。まわりにご希望の方がいらっしゃいましたら,アドレスとお名前を「返信」してくだされば,メール配信のリストに加えます。お互いに顔の見えるような関係の中でメール配信したいので,あえて自動配信のメールマガジン用ホームページ等は利用しておりません。 ウイルスソフトはいつも最新のものにしています。

以上。



乙女高原ファンクラブトップ > メールマガジン > 第483号(2022.7.26) →ページトップ