トップを飾った画像たち

乙女高原ファンクラブ トップ > 画像たち

乙女高原ファンクラブのトップで紹介した写真のラインナップです。(2008.8〜)

→2016.1〜2016.12の画像はこちら
→2015.1〜2015.12の画像はこちら
→2014.1〜2014.12の画像はこちら
→2013.1〜2014.1の画像はこちら
→2012.12〜2013.1の画像はこちら
→2011.1.2〜2011.12.11.の画像はこちら
→2010.1.1〜2011.1.2の画像はこちら
→2009.4.26〜2010.1.1の画像はこちら
→2008.7.29〜2009.4.26の画像はこちら
→2008.5.4〜2008.7.29の画像はこちら
→2008.1.1〜2008.5.4の画像はこちら
→2007.9.23〜2008.1.1.の画像はこちら
 →2007.4.18〜9.23.の画像はこちら 

     
     
 


2017.5.15.〜2017.6.4

短い間ですが、乙女高原のスミレ三昧の日々です。乙女高原ではたくさんの種類のスミレが時期をずらし、場所を替えて咲きます。それだけでなく、花の数も多いです。本当にスミレが満喫できます。ぜひおいでください。
   2017年5月14日 撮影
  (サクラスミレ)


2017.4.24.〜2017.5.15

いよいよ乙女高原にスミレが咲き始めました。毎年、スミレシーズンの到来は、このヒナスミレからです。とってもちっちゃなスミレですよ。さあ、いよいよ乙女高原に春が来ます! 「今」でないと見られない自然がいっぱい。だから、いつでも、何度でも行きたくなります。  2017年4月23日 撮影


2017.4.1.〜2017.4.24

まさか3月下旬にこんなに雪が降るとは予想していませんでした。柳平から乙女高原までずっとスノーシューのやっかいになりました。おもしろかったのは、キツネの足跡がシカ柵をスッと通り抜けていたことです。
   2017年3月28日 撮影


2017.3.5.〜2017.4.1

乙女高原の雪は少しずつ解け始めていました。また、乙女高原に向かう林道途中の道端の池ではヤマアカガエルの産卵も見られました。春が少しずつ訪れています。 
   2017年2月27日 撮影


2017.1.23.〜2017.3.5

乙女高原は全面雪でした。途中からスノーシューを履いて、歩いて往復しました。冬の楽しみは、なんといっても「透明人間だった動物たちの姿をありありと想像できる」ことです。動かぬ証拠、足跡が残るからです。シカにウサギにキツネにヤマドリ。さすがにシカ柵内にシカの足跡は見当たりませんでした。
       2017年1月21日 撮影

乙女高原ファンクラブトップ > 画像たち

→2016.1〜2016.12の画像はこちら
→2015.1〜2015.12の画像はこちら
→2014.1〜2014.12の画像はこちら
→2012.12〜2013.1の画像はこちら
→2011.1.2〜2011.12.11.の画像はこちら
→2010.1.1〜2011.1.2の画像はこちら
→2009.4.26〜2010.1.1の画像はこちら
→2008.7.29〜2009.4.26の画像はこちら
→2008.5.4〜2008.7.29の画像はこちら
→2008.1.1〜2008.5.4の画像はこちら
→2007.9.23〜2008.1.1.の画像はこちら
 →2007.4.18〜9.23.の画像はこちら