k-styleにようこそ
k-styleの いのち(命)研究  

k-styleの全力、全生命力を捧げます

k-styleは喜びの心で仕え、捧げます


80 「真の力 U」


真の力は、あなたのいのち(命、真の意識)の中(内)に在ります】



あなたのその真の力は、いのち(命)の源の個別的(分霊的)現れです。

その力が発揮される時、そこには真の愛が伴っています。

同時に、そこには真の知恵も伴っているのです。



もっと率直な表現では、次のようになり得ます。

その真の力は、真のいのち(命)そのものです。

その真の力は、真の愛そのものです。

その真の力は、真の知恵そのものです。



私たちが、どの次元でも(どの世界でも)どの様にでも、どの様な外形(その次元に合った身体)を表そうとも、生きて(活動して)いる(いられる)のは、その真の力がある故なのです。

その真の力は、始めもなく終わりもなく在り続ける(永遠無限の)存在者(創造主)の個別的現れである個霊(分霊、霊魂、真我)に(生来)与えられている力であるのです。



では、この世(物質現象世界)の存在者としての(地上)人間が持っている(行使している)様々な地上的力(正邪善悪等)は(総てが)その真の力そのものなのでしょうか。

それは少し異なります。



【この世(物質現象世界)は(真実世界に対しては)言わば幻(虚仮、うつろいゆく現象、やがて消え去る物質現象)の世界なのです。
真実世界(実在世界)は(決して)うつろいゆく(消え去る)ことのない(超越)実相世界なのです】



ここからは、やや次元交差的な表現になります。

この世は、(真実)霊界や超越界等(実相的世界)の言わば現象的写し(一時的物質現象)の世界です。

この世(物質現象世界)には、言わば写し(現象)独自の妄念(虚飾)的力が起こり得るのです。

その妄念的力は真の力とは異なる虚の力(虚仮的現象)として作用しているのです。



【この世のあなた(現象自我、地上個性的パーソナリティ)と永遠性のあなた(真実自我、究極個性的インディビジュアリティ)とが存在しています。
この二つは(ある地上現象的意味においては)別々(違う)とも言え、また(ある意味、真実)一如(同じ)とも言える(微妙で重大な)関係性を持っているのです(自身を知る、真我の自覚(悟り)の度合が現れます)。

一番重要なことは、地上のあなた(この世界の我)が他界(転生)後も(どこまでも)あなた自身(どの次元に行こうともその世界の我)であり続ける真理(真実意識の永遠性)です。
そして(究極)誰もが(無上の歓喜、無上の平安と共に)永遠無限の存在者(いのちの源、究極の愛)への帰還(真の主我一如)を果たすことになるのです】



虚の力と真の力とが入り混じった(見え隠れした、混沌とした)状態が、この世(物質現象世界)の(今の)在り様(状況)と言い得るのです。

そうであればこそ、(地上現象における)最善(相当)から最悪(相当)までの入り混じった世間(この世)での、(真の)自分磨き(霊性浄化進化向上)がより可能になり得るのです。

この世(物質現象世界)であればこそ(多次元由来)入り混じった(様々な)人々が居るのです。

それは地上人間にとって(この世が)相応に苦(争い事、もめ事等)の多い世界である一因です




この世には、あなた(個性を持った自分自身)にとって、馴染みやすい(より)等しい、近しい人々もいます。

あるいは、少し(自分から見るとより)善い(と思われる)人々も、少し(より)悪い(と思われる)人々もいます。

さらには、大いに(自分から見るとより)善過ぎる(と思われる)人々も、大いに(より)悪過ぎる(と思われる)人々もいます。

さらには、それらの人々も日々(その個性相応に)真偽、正邪善悪、喜怒哀楽等(自己の資質内での)高低強弱の(許容)範囲を(揺れ動きつつ)活動(生活)しているのです。



それ故にこそ、真偽、正邪善悪、喜怒哀楽等の様々な状況を体感し、そこ(体験)から学び体得して、本人自身(霊魂自身)の霊的成長(霊性浄化進化向上)を目指す事が(より)可能になり得るのです。

なぜなら、より実相が現れている真の霊界、超越界等(高次元世界)においては、正邪善悪等が入り混じった(混沌とした)状況は(通常)あり得ない(ない)からです。

(通常)霊的世界においては、類は類(友)を呼び、(自らも)その時点での(素の)自分自身(真の人間性)に見合った(居たい、居られる)次元(境涯、世界)に入り行く(行かざるを得ない)事になるのです。



自身の自分磨き(霊性浄化進化向上)の為に(通常)皆が(自ら)望んで(様々な苦の避けがたい)この世(地上世界)へと誕生して来ているのです。

地上世界において(例外はあるものの)通常の魂(霊魂)にとって理想的状況とは(互いに)磨き合える相手(パートナー、配偶者、友、親族、職仲間、奉仕仲間、趣味仲間等)を得る事なのです。

真に磨き合う為には(時に)痛み傷つき(状況によっては)耐え忍ぶ覚悟も必要です。

様々な出会いと別れ等から学ぶ事も、嫌でも人(人々)に頼らねばならない(謙虚に感謝を要する)経験もあり得ます。

自分自身で様々な事象に立ち向かう経験も、さらには他者に奉仕を続ける経験も、自分磨きの大切な要素となり得ます。



【この地上において、あなたに起こるあらゆるものが(真実)貴重な(人生)体験なのです】



「どうして私は苦しみ(悲しみ)の多い道(方向)ばかり選んで来たのだろう」の様に思う人は(真に)磨きがいのある道(人生)を選んで来たとも言えるでしょう。

この地上世界で体験する様々な苦(と思える事)が(真に)不幸であるとは言い切れない真実(真理)がそこにあり得ます。

その意味において、地上で自分の寿命が尽きるまで(誠実に)生き抜く事は、誰にとっても(一人ひとり)とても貴重な人生体験(自分磨き)の機会(チャンス)なのです。

ですから、決して(人生の)途中で投げ出さない事(最後の一息まで精一杯生き切る事)が望まれます。



誰にとっても、ひとりひとり(一人一人)が、その日々(一日一日)を、今この時(今この瞬間)を、精一杯(誠実に)生き抜く事が大切です。

(この世の人生における)辛い事、苦しい事、悲しい事等は、(真に)嬉しい事、楽しい事、喜ばしい事等への糧(貴重な人生体験)となり得ます。

たとえ(自分にとっては)絶望的とさえ思える事も、その瞬間(その時)その日(その日々)を耐え忍ぶことによって(最初は小さくても)希望の光が(やがては大きく)見えてくる時が来ます。

辛かった苦しかった悲しかった(絶望的とさえ思えた)事等が、(だからこそ)やがて(後に)貴重な経験(真の自分磨き)として(真に)輝いて来ることもあるのです。



【大切な寿命を最後まで真剣に誠実に(正善に)生き抜いた先に、やがて見えてくる真価(永遠に輝き得る宝物)があります】



(真の)あなた自身はいのち(命)の源の一光(分霊、霊魂、真我)です。

その(真の)価値(貴重さ)は、言葉で簡単に
表現(説明)することの出来ない程に(真に)素晴らしいものなのです。

その大切さ(貴重さ)を胸(心)に秘めて、今(この時)を(出来る限り)力強く(精一杯)元気に朗らかに生き抜いて行きましょう。



【真の力はあなたの中(内)に(常に)在り続けるのです。
あなたの地上人生を(真に)実りあるものとする為に、その真の力に気付き、理解し、発揮して行きましょう。
真の力の在るところには(必ず)真の愛と真の知恵が共に在ります】



あなたがこの世における力(真の力)と良心(真の愛)と理性(真の知恵)の活用(善意善行、愛意愛行)を通して、その喜びと安らぎと共にすみやかな霊性浄化進化向上を果たされますように、私は願っています。

真の力と真の愛と真の知恵の実在に心より感謝を捧げます。ありがとうございます。

あなたの真の気付きに(機縁に)心より感謝を捧げます。ありがとうございます。

 

永遠のいのち(命)と愛と知恵と力の源(創造主)の摂理(この宇宙の自然法則)が正しく啓示され、その真実(真理)の光(輝き)が、あなたの大切ないのち(命)まで届きますように。愛と喜びの心で感謝を捧げます。ありがとうございます。

81 「真の力 V」

戻る