k-styleにようこそ
k-styleの いのち(命)研究  

k-styleの全力、全生命力を捧げます

k-styleは喜びの心で仕え、捧げます


82 「無執着心」


地上人間の地上物質的(物、人等への)強い執着心は、自身の魂(霊魂)のあり方や行き先を、大きく左右します】



少し次元交差的な表現(話)になります。

執着する心は非実質(非実在)の心(思い)です。

執着する心は現象的に表れてやがて(相応に)消え去るべき心(思い)です。

しかし、それが極度に強く、そのこだわり(執着)が消えない程になると(相応に)あなた(思念)を(そこに、それに)縛り付けたり(迷わせたり)する事になり得ます。


【極度に執着する心(思念)はあなたの心の中(内)に(相応に)在り続け得るのです】



こちらで表現します執着心は、通常の(純粋な)集中する心や(深い)研究心や探求心また(純粋な)強い思慕や思いやり(親愛、真愛)等とは異なります。



人(人々)が喜びと安らぎの内に生き抜く為には、著しい(強い)我欲(エゴ)による執着心や邪欲心等を捨て去る事(無執着心)が大切です。

その為の一つの方法が存在します。

ひとまず、あなたの意識をその強く執着する対象(物、者)から(極力)離す(離れる)事が望まれます。

たとえ一時的でも(出来る限り)心を静めて、強い執着を少しでも薄めて(弱めて)みましょう。



強い執着心の対極にあるのは、安らかな(平安の)境地(無執着心)です。

あなたの意識を(純粋な)静寂と平安と真愛(慈悲慈愛)の境地へと向けてみましょう。

さらに、その(純粋な)静寂と平安と真愛(慈悲慈愛)に在る(居る)本来の自分自身(真の自我)を認識する(知る)事が大切です。

そこには、我欲的エゴ(執着心、邪欲心等)が入り込む余地はありません。



【(真の)愛によってあなたの心(意識)を満たし続けましょう。
(真の)愛を満たす時、あなたの心(意識)は喜びと安らぎを実感するのです。
(真の)愛のあるところには邪欲等の執着心は在り得ないのです。
あなたの(真の)意識(真我)は(真の)愛に満ちているのです】



あなたがこの世における(極度に)執着する思いを持ち続ける(留める)ことなく、(真の愛による)喜びと安らぎの境地(心境)と共にすみやかな霊性浄化進化向上を果たされますように、私は願っています。

(真の)いのち(命)の実在に心より感謝を捧げます。ありがとうございます。

あなたの(真の)気付きに(機縁に)心より感謝を捧げます。ありがとうございます。

 

永遠のいのち(命)と愛と知恵と力の源(創造主)の摂理(この宇宙の自然法則)が正しく啓示され、その真実(真理)の光(輝き)が、あなたの大切ないのち(命)まで届きますように。愛と喜びの心で感謝を捧げます。ありがとうございます。

83 「善意、善行 T」

戻る