5月に咲き始める乙女高原の草花

乙女高原ファンクラブトップ > 乙女高原の動植物 > 草花の花暦 > 5月

5月  6月 7月  8月前半 8月後半 9月  10月
■キジムシロ 名前の由来は鳥のキジが敷くむしろに見えるところから。小葉は5〜9枚。(2007.5.13.撮影)

ミツバツチグリ 左のキジムシロに似ているが,こちらは小葉が必ず3枚でイチゴの葉にとても似ている。(2007.5.13.撮影)

フデリンドウ 小さくて踏まれそうなので,「踏んでリンドウ」というあだ名も!? 午後の早い時刻に花を閉じてしまい,どこにいるか分からなくなる。(2007.5.13.撮影)

タチツボスミレ 里でもよく見かける。葉の付け根に付いている小さな葉(托葉)がギザギサしている。(2007.5.13.撮影)

エイザンスミレ 葉がすごくギザギサしていて,スミレらしくない(?)。林のスミレ。(2007.5.13.撮影)

ヒゴスミレ 左のエイザンスミレに似るが,エイザンの葉が根元で3つに分かれてからギザギサしているのに対し,ヒゴは5つに分かれてからギザギサしている。(2007.5.13.撮影)

アカネスミレ 花びらの真ん中にブラシのような毛が生えている。スミレ色のスミレ。(2007.5.13.撮影)

アケボノスミレ まるでネス湖のネッシーのように鎌首を持ち上げて,花を咲かせている感じ。花の咲き始めには葉は見られない。林のスミレ。(2007.5.13.撮影)

マルバスミレ 文字通り丸い葉を持つ白い花のスミレ。林道わきで発見。乙女高原で11番目のスミレ。(2007.5.20.撮影)

ミヤマスミレ 標高の高いことろに咲くスミレ。遊歩道を歩いていると,ところどころ群生しているのを見かける。葉の形が特徴的。(2007.5.20.撮影)

コミヤマカタバミ 昼間だったので葉が閉じているが,葉を見るとカタバミの仲間であることがよく分かる。林の中。(2007.5.20.撮影)

クリンユキフデ 春の湿地で見かける。タデの仲間。(2007.5.20.撮影)

ツボスミレ 写真だとわかりにくいが,とても小さな花を咲かせるスミレ。湿地に多い。(2007.5.20.撮影)

■ヒメイチゲ とても小さなイチゲの仲間。林の中に群生する。(2007.5.20.撮影)

■ラショウモンカズラ そんなに標高の高くない林の中で見かける。トラマルハナバチの女王が吸蜜に来ているのを見たことがある。(2007.5.20.撮影)

■サクラスミレ 日本のスミレの中で,一番大きな花を咲かせるスミレ。花の真ん中にブラシのような白い毛がある。(2007.5.27.撮影)
■シロバナノヘビイチゴ 葉がオランダイチゴそっくり。夏にいちごの実がなるが,甘くてイチゴミルクの味がする。(2007.5.26.撮影)

■ワチガイソウ 見た感じ,なんとなくアンバランスな感じのナデシコの仲間。花柄が茎の途中から出ている。(2007.5.27.撮影)

■オオバタネツケバナ 湿地の近くに多い。里に咲くタネツケバナより葉がずっと大きい。ちなみに,乙女の湿地にはタネツケバナもある。(2007.6.3撮影)

■マムシグサ 芽がニューッと地面から出てきた様子はまさにマムシ。秋になると真っ赤なトウモロコシに形の似た実ができる。
 (2007.6.3撮影)

■アカフタチツボスミレ 葉に赤い斑(ふ)の入ったタチツボスミレの品種。湿地の遊歩道で見られる。(2007.6.3撮影)

■サンリンソウ 湿地の春の花の代表といっていいだろう。名前の通り3輪ずつ咲いている株を見つけるのは至難の業。(2007.6.3撮影)


乙女高原ファンクラブトップ > 乙女高原の動植物 > 草花の花暦 > 5月       →ページトップへ