乙女高原ファンクラブトップ > メールマガジン > 第184号(2007.3.12.)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
   乙女高原ファンクラブ 公認
 乙女高原メールマガジン 第184号 2007.3.12.
発行者:植原 彰 (乙女高原のある山梨市牧丘町在住)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ▲▼ も く じ ▼▲
NEW! 0.【ニュースニュース】
NEW! 1.【活動報告】2006年度総会
NEW! 2.【活動報告】第5回座談会
NEW! 3.【観察報告】3月12日の乙女高原
NEW! 4.【イベント案内】第8回遊歩道作り 5月13日(日)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

  0.【ニュースニュース】
●1.311日(日)午後2時より総会と座談会が行われました。中村山梨市長さんも参加してくださいました。今回は世話人の改選が行われ,13人が第4期の世話人に立候補してくださいました。座談会では山梨市観光課の石場さん,日原さん,岡田さんから山梨市の観光ビジョンについてお話をお聞きしました。→1,2

●2.総会で2007年度の活動計画が決まりました。2007年も盛りだくさんです。みなさん,乙女高原でお会いしましょう。計画の一覧表は以下のアドレスです。
http://www.kcnet.ne.jp/~otomefc/2007schedule.html

●3.石和の駅前にある「石和サティ」で「幸せの黄色いレシート」キャンペーンが始まりました。毎月11日はレシートを黄色にして,そのレシートを店内に置いてある「投票箱」に入れると,その投票箱の団体にレシートの合計金額の1%相当の品物をサティが寄付してくれるという「企業の社会貢献」事業です。
 「乙女高原ファンクラブの投票箱も置かないか」とお誘いを受けたので,ありがたく置かせていただくことにしました。もし,11日にサティに買い物に行くことがありましたら,レシートの「投票」をよろしくお願いします。

●4.2007年度第1回世話人会は418日(水)午後7時半から9時までの予定で,牧丘町総合会館で行います。世話人会は基本的に毎月第3水曜日ですが,イベントの実施日等を考えて前後にずらすことが多くあります。でも,基本的には水曜日です。世話人でなくても参加自由です。ぜひ,おいでください。

●5.(再掲)案内人養成講座の報告書『乙女高原案内人・誕生と成長の記録』(A4判,188ページ。11000円)は,通販もしています。詳しくは以下を。
http://www.kcnet.ne.jp/~otomefc/annaininreport.html
--------------------------------------------------

  1.【活動報告】
2006年度総会● 311

 午後1時から会場準備の予定で,ぼくは10分前には会場に着いたのですが,もうたくさんの方が待ちかまえていてくれて,あっという間に準備が終わってしまいました。いつもながら,その早さにびっくりです。

 坂田さんから開会宣言があり,いよいよ総会が始まりました。ファンクラブの普通会員は187名ですから,総会が成立する過半数は94名です。委任状は80通届いていました。開会時の出席者は23名でしたから(最終的には27名)合計して103名で,総会は成立です。
 じつを言うと,とてもほっとしました。だって,結局187103=84名の方は音信不通だったということですよ。今回,ハガキを出しそびれてしまったという方,来年はちゃんと出してくださいね。事務局が胃が痛い思いをしなくてすむように・・・。

 さて,山梨市長さんからは事前に委任状をいただいていたのですが,当日,ひょっこりと出席してくださいました。ありがたいことです。ご挨拶をしていただきました。挨拶が終わってすぐに,また行かなければならない場所があるとのこと。ほんと,市長って激務だなあと思いました。

 議事進行は古屋さんによって行われました。植原から2006活動報告,奥山さんから2006決算報告,三枝さんから会計監査報告がありました。「会計の中身はいいが,書き方がわかりにくい」というご指摘がありました。どうやったら見やすくなるのか,どたなかぜひお知恵を! 3つとも承認されました。
 続いて,植原から2007活動計画,記念事業基金創設,奥山さんから2007予算の提案がありました。記念事業基金は,10周年を記念して何か事業を行うために積み立てておく基金です。これも3つとも承認されました。

 そして,いよいよ世話人の選出です。
 13人の方が立候補してくださったので,会員の皆さんから承認をいただいた上で,世話人の中で互選で3人の代表世話人を選出し,また会員の皆さんに承認していただきました。
 第4期の世話人の皆さんは以下の方々です。

  ●第4期世話人(20072008年度)●
古屋さん,坂田さん,奥山さん,竹居さん,鈴木さん,三枝さん,小笠原さん,由井さん,内藤さん,小林Sさん,小林Nさん,高橋Tさん,植原。

このうち,今回,新規に世話人になってくださったのは,内藤さん,高橋Tさん,
代表世話人は,古屋さん,坂田さん(会計兼務),植原(事務局兼務)です。

 世話人の皆さん,2年間,よろしくお願いします。会員の皆さん,ご協力をよろしくお願いします。

総会の反省点としては,花かげコーラス大会と同じ日になってしまったこと。牧丘の多くの地区で参加しているので,困った人も多かったと思います。来年は日をずらしたいと思います。
--------------------------------------------------

  2.【活動報告】
●第5回座談会● 311

 座談会では毎年,お一人話題提供者をお願いし,お話を伺っています。今回は山梨市の「出前講座」事業を活用し,市観光課の石場さん(観光課長),日原さん,岡田さんから,山梨市の観光ビジョンということでお話をお聞きしました。

 たくさんの資料を持ってきてお話してくださいました。さすがに3つの市町村が合併しただけあって,観光施設がたくさんあり(道の駅,温泉,山小屋,公園,公衆トイレや登山道まで),その維持管理だけでもたいへんなのに,さらに,グリーンツーリズムや森林セラピー,フィールドミュージアムなど,たくさんの新規事業にも取り組んでいるとのことでした。
 お話のすべてをここに紹介することは無理ですが,いくつか抜粋しますと・・・

・乙女高原周辺から見た富士山(ブナじいに行く途中です)が国交省の「関東富士見百景」に選ばれた。
・八幡から牧丘町赤芝の鍵懸の関までを秩父裏街道として整備した(歩いてみたいですね)。
・グリーンツーリズムのモデル地区は八幡地区。きれいな棚田景観がある。
・フィールドミュージアムボランティア観光ガイドが交代で,山梨市駅前の観光案内所や道の駅・西沢渓谷入り口で観光案内をしている。
・フィールドミュージアムは,地域に埋もれている地域の財産を掘り起こして,まとめて整理して,まず自分たちがよく知り,そして,来た人にも楽しんでもらおうというもの。
・琴川ダム(乙女湖)は20年度(来年)に供用開始。それまでに東屋や遊歩道を整備する。
・そま口林道が県道に格上げされる予定。バスも入れるようになるので,選択肢が広がる。
・柳平の風力発電計画は今年の六月まで風況調査を行う。

●乙女高原について考えられること
・森林セラピーとの組み合わせ
・湿地帯のPR
・シャクナゲ遊歩道のPR
・林道が県道に格上げされることによって,バスによるエコツアー

 会場からは「観光計画についてはよくわかったが,その前提となる保全計画はどうなっているのか? そちらのほうを聞きたかった」といった意見が出されました。
--------------------------------------------------

  3.【観察報告】

●3月12日の乙女高原●

 総会の翌日は風が強く,寒い1日でした。乙女高原は冬に逆戻りです。うばトチのあたりから,積もった雪が見え始めました。
 ロッジの気温は0℃。風が頬を突き刺し,痛いくらいです。雪は深いところで12センチもありました。

 今回は大窪山コースを歩いてテンの糞を拾うのが目的です。
 歩き出して,さっそく「こりゃ,だめだ」と思いました。だって,雪が深くて,これではとても糞は見つからないと思ったからです。ま,せっかく歩き始めたんだから・・・と踏破することにはしましたが。

 梢を渡るゴーッという音とともに,遠くから新幹線の汽笛のような,ビール瓶に唇を当てて吹いた時のような音が響いてきます。どうやら高圧電線を風が鳴らしているようです。

 こういう風が強い日には,彩雲が観られることがあります。太陽の近くを雲が通り過ぎる際,見ている自分と太陽と雲とがちょうどいい角度に並ぶと,雲をつくっている氷のつぶつぶがプリズムの役割をして,雲が虹色に見えます。そうです,ちょうど虹の原理です。
 しばらくボーッと雲を眺めていましたが,ときどき,雲がピンクになったり,青くなったりしてきれいでした。それにしても,風が強くて,雲も飛ぶように動いています。上空をファントム戦闘機も飛びました。

 ウラジロモミが倒れていました。幹の直径が25センチくらいの立派なモミの木です。コメツガの枝に支えられて,斜めになっていました。斜めの幹に雪が積もっていたので,雪の前に倒れたことがわかります。根を見てびっくりしました。横に広がっているだけです。きっと木が立っているところを真横から見ると,逆T字に見えると思います。こんな根でよく支えていたもんだと思いました。

 遊歩道から林道に出て,帰り(登り)は林道を歩きました。林道は雪がそんなに積もっておらず,6個の糞を見つけることができました。骨がいっぱいで白っぽく見える糞もありました。どなたか,一緒に乙女高原で糞を拾いませんか? おもしろいですよ。

 フィーフィーと遠慮がちな小さい声が聞こえてきたので,立ち止まって辺りを見回すと,木の枝に小鳥が3羽止まっていました。双眼鏡でのぞくと,のどがあざやかなピンク色なのが2羽,もう1羽は地味な感じでした。これらはウソという名前の鳥で,ピンクなのはオスです。木の芽を盛んについばんでいました。なんの木なのか,木の枝ばかり見ていたら分かりませんでしたが,幹を双眼鏡でのぞくと,目のような模様と,赤っぽい横縞模様が見えたので,サクラの仲間に違いないと思いました。ウソはサクラの芽が大好きなんです。やっぱりサクラなのかと思いました。

 びっくりしたのは,こんなに雪がまだたくさんあって寒いのに,虫を見かけたことです。道脇のコンクリートを歩いていました。メノコツチハンミョウという濃紺のメタリック,アリを巨大化してデブにした感じの甲虫です。じつは春先と秋の終わりのみに見つかる昆虫なのですが,こんなに早い時期に見ることができるなんて,本当にびっくりでした。

 帰り道,先日(3月5日)林道脇で見つけたヤマアカガエルの卵を見ました。まだオタマジャクシにはなっていませんでしたが,胚が刀のように細長くなっていました。
--------------------------------------------------

 2.【イベント案内】
●第8回 遊歩道づくり● 5月13日(日)

■時間 午前930分から午後2時までの予定(雨天の場合は?未定)
■集合 乙女高原グリーンロッジ前
■服装 作業ができるかっこう。また,寒くなるかもしれないので,防寒着。
■持ち物 べんとう,飲物,軍手。ある人はかけや,なた,のこぎり,ナイフ。
■内容 古い杭を新しいものに替える。杭にロープを張る。草原内のゴミ拾いをする。など。お子さんも活躍できます。

※遊歩道作り終了後,乙女高原案内人の会主催の勉強会が行われます。乙女高原の自然をみんなで楽しく勉強する会です。
--------------------------------------------------


    乙女高原ファンクラブトップ > メールマガジン > 第184号(2007.3.12.)       ページトップ