トップを飾った画像たち

乙女高原ファンクラブ トップ > 画像たち

乙女高原ファンクラブのトップで紹介した写真のラインナップです。(2008.8〜)

→2023.1〜2023.12の画像はこちら    →2022.1〜2022.12の画像はこちら
→2021.1〜2021.12の画像はこちら   →2020.1〜2020.12の画像はこちら
→2019.1〜2019.12の画像はこちら   →2018.1〜2018.12の画像はこちら
→2017.1〜2017.12の画像はこちら   →2016.1〜2016.12の画像はこちら
→2015.1〜2015.12の画像はこちら   →2014.1〜2014.12の画像はこちら
→2013.1〜2014.1の画像はこちら   →2012.12〜2013.1の画像はこちら
→2011.1.2〜2011.12.11.の画像はこちら   →2010.1.1〜2011.1.2の画像はこちら
→2009.4.26〜2010.1.1の画像はこちら   →2008.7.29〜2009.4.26の画像はこちら
→2008.5.4〜2008.7.29の画像はこちら   →2008.1.1〜2008.5.4の画像はこちら
→2007.9.23〜2008.1.1.の画像はこちら    →2007.4.18〜9.23.の画像はこちら 

 
     


2024.3.9.〜 4.3.

乙女高原までスノーシューをはいて歩いて行く途中で見つけた、楽しい光景です。 林道の崖から雪がずり落ちる際に、ロールケーキのようにまるまったようです。雪国では「雪まくり」と呼ぶそうです。それにしても、今シーズンは雪が多いです。乙女高原の積雪、深いところで40cm。
         2024年3月8日撮影


2024.2.24.〜 3.9.

雪解けが木の根元から始まり、それが広がると、こんなふうになります。木の幹から熱が伝わるためだと言われています。
          2024年2月20日撮影


2024.1.24.〜 2.24.

金峰山が白く雪をかぶっていて、とてもきれいでした。また、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、画面左中央あたりに、ゴツゴツした岩がたくさんあって、これも双眼鏡で見ると、なかなかの迫力でした。
  2024年1月23日撮影


2024.1.8.〜 1.24.

冬だというのに、雪が積もっているというのに、青々としているコケ。フロウソウです。目を近づけてみると、その造形の美しさにびっくりします。今年も乙女高原で自然観察を楽しみましょう。
    
2024年1月6日撮影



→2023.1〜20233.12の画像はこちら  →2022.1〜2022.12の画像はこちら
→2021.1〜2021.12の画像はこちら   →2020.1〜2020.12の画像はこちら
→2019.1〜2019.12の画像はこちら   →2018.1〜2018.12の画像はこちら
→2017.1〜2017.12の画像はこちら   →2016.1〜2016.12の画像はこちら
→2015.1〜2015.12の画像はこちら   →2014.1〜2014.12の画像はこちら
→2013.1〜2014.1の画像はこちら   →2012.12〜2013.1の画像はこちら
→2011.1.2〜2011.12.11.の画像はこちら   →2010.1.1〜2011.1.2の画像はこちら
→2009.4.26〜2010.1.1の画像はこちら   →2008.7.29〜2009.4.26の画像はこちら
→2008.5.4〜2008.7.29の画像はこちら   →2008.1.1〜2008.5.4の画像はこちら
→2007.9.23〜2008.1.1.の画像はこちら    →2007.4.18〜9.23.の画像はこちら