8月に咲き始める乙女高原の木々

乙女高原ファンクラブトップ > 乙女高原の動植物 > 木々の花暦 > 8月

5月  6月  7月  8月  9月  10月
■リョウブ 白くて穂のような花を付ける木。木肌はすべすべしていて,サルスベリのよう
(2007.8.1.撮影)


■ヤマハギ 秋の七草の一つ。ハギの花が満開になると,ミヤママルハナバチがたくさん訪れるようになる(2007.8.1.撮影)

■クサギ 名前の通り,葉にさわって,その匂いをかぐとピーナッツバターのような独特の匂いがある。カラスアゲハがよく訪れる。林道で撮影(2007.8.6.撮影)

■ホツツジ 枝先に穂を作って咲くツツジ。岩場に多い。(2007.8.10.撮影)
■ヌルデ ウルシの近縁だが,ヌルデでかぶれる人は少数。アブラムシが寄生してできる虫こぶは薬用や染料などに使われる。昔,お歯黒にも使われた(2007.8.20.撮影)


乙女高原ファンクラブトップ > 乙女高原の動植物 > 木々の花暦 > 8月      ページトップへ