乙女高原とは
乙女高原ファンクラブ on the web へ
  ウエちゃんの乙女高原自然観察記へ
紙芝居風
ウェブページ

→『オトメのヒミツ』
    
活動ブログ
観察ブログ
 
 

 

乙女高原は,ふもと集落の草刈り場そしてスキー場だった
 ■乙女高原の草原・・・草刈りしないと,どうなるの?

  

   【写真1】まわりは森     【写真2】草原内に生えてきた若木   【写真3】草原が若い森に遷移

 乙女高原の草原のまわりは森(写真1)。その森からたくさんの木のたねが草原に飛んできています。草原内を注意して見れば,ヤナギの仲間やカバノキの仲間の若木がたくさん見つかります(写真2)。やがて,これらの木が大きくなると,草原が林へと変わってしまいます(写真3)。このように,時間がたつにつれて自然が変わっていくことを「遷移」といいます。

 乙女高原では毎年,冬のはじめに草刈りをしています。冬ですから,もう草はたねを飛ばしたあと。枯草でしかありません。刈り取られても,ダメージはほんの少しです。来年,また芽を出すことができます。

ところが,木は切られてしまったら,それ以上はもう成長できません。草原の中に木が生えてきても,人が草刈りと同時に切ってしまっていたので,結果的に遷移を止め,草原が維持されてきました。
 乙女高原の草原は人(の草刈りという営み)が守ってきた自然なのです。

 ■乙女高原の草原・・・なんのために草刈りするの?





, 昔〜終戦後
 いつ頃からか,はっきりしたことは分かりませんが,乙女高原の草原は,ふもと集落の共有のカヤ刈り場でした。農作業が一段落した頃,乙女高原の草刈りをして,冬の牛馬への飼料に混ぜたり,焼いて灰にして畑に撒いたりしていたそうです。

 終戦後〜2000年3月

 終戦後,乙女高原は県内初の「スキーの競技大会が開催できるほどの本格的なスキー場」としてオープンしました。標高が1700メートルもありますから雪質は問題ないのですが,新潟や長野ほど雪が降るわけではありません。雪が降る前に草刈りをしておかないと,ゲレンデに枯草が出てしまいます。そこで,やはり,初冬に草刈りをしていました。スキー場として管理するために草刈りすることによって,結果的にあの草原が守られてきたわけです。

    1962年の乙女高原スキー場 

乙女高原ツツジのコースの写真。上は1985年(ほとんど草刈りされていない),下は2005年。

 ところが,このスキー場は1952年の山梨日々新聞に「西保までバス。徒歩4時間」とあるように,たいへんアクセスの悪いスキー場です。林道も開通しましたが,雪が降ると行きづらくなるのは変わりません。おまけに近場に手軽なスキー場が多数オープンしたこともあり,利用者があまりいなくなってしまいました。人手不足で草刈りが十分に行われなくなり,乙女高原の草原の中には,若い森まで遷移が進んでしまったところも出てきました。

 


 さらに,20003月には,もうこれ以上,乙女高原をスキー場として利用しないことが決められてしまいました。スキー場として利用しないのですから,当然,草刈りももう行われないことになってしまいました。

  そして,今

 草刈りが行われなくなれば,遷移が進み,乙女高原の草原はやがて森に飲み込まれてしまいます。これも自然の姿です。ですが,私たちは,私たちの祖先がせっかく守り通してきたこの草原を,少なくとも次の世代にはきちんと譲り渡そうと決心しました。これもまた自然保護のひとつの形です。

 毎年200人もの方々が参加してくれるこのイベント。今年はどんな方々が参加してくださるのか,楽しみにしています。

   【関連ページ】
 ■乙女高原の草原を守る! 草刈りボランティア
   →2004年の草刈りの様子

   2003年の草刈りの様子
   →2002年の草刈りの様子
 ■乙女高原の草刈りビフォー・アフター

  トップに   ご意見ご感想  リンク メールマガジン サイトマップ